工藤公康の名言|目標が人に力を与える

僕の場合、ランニングをしながら「今日何をやらなければいけないか」を考え、キャッチボールをしているときも実戦を想定しながら一球一球の感触をチェックし、どうすればいいかを考え、その都度修正しながら汗を流します。もう一度、一軍のマウンドで投げたいという気持ちがそうさせるのです。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

転職希望者から「外資系コンサルって、給料はどのくらいもらえるんですか?」と聞かれることがあります。そんな時、私は「報酬が目的で入社する人は、同じ動機で早晩、辞めることになるから入社は薦めない」と言います。リーマンショックの時、投資銀行の年俸があり得ないほど下がり、「俺の価値が暴落した」と言った知人がいましたが、とても不幸な考えだと思いました。

バトンはいい状態で渡したいし、私以上にこの事業を伸ばすという気概を持った人に引き継ぎたい。私は異動した部署での経験を通じて、経営の基礎を身につけました。それが今になってよく分かります。次世代の人を育てるときは、そのとき本人が見えている部分と、より広い視野で高い視座を養うための経験を積ませてあげたいですね。

せっかちになりすぎない。ズルもしない。その覚悟が持てるんやったら、誰でも、こんな時代であっても何かかなえられることはある。

ナンバーワンの不動産会社を作ろうと起業したのですが、業界の問題点や課題点が目に付きました。そこで不動産業界を自分が変える気持ちで事業に邁進し、それならば日本一のチェーン網を構築しよう、それには株式上場するべきだと思い立ったのです。

新会社の制度案を役員に提示すると、お前たちがそうしたいのは分かるけれど、これはこんな背景があって作られたものだから、無下に変えるわけにはいかない、と説明してもらったことがあります。制度の本質を理解するには、制定当時の時代背景や経営環境も考慮しなければいけないということがよく分かりました。

【覚え書き|トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併プロジェクトチーム時代を振り返って】

いまどき選択と集中といっても、もう珍しくもなんともなくなりました。それくらい日本企業も経営改革が進んできたということでしょうか。ただし、頭で考えるのと実際とはまったく異なります。単なるリストラで利益を出しても、次の成長の仕掛けを施した改革をしないと、選択と集中の後に大きな差がつくのではないでしょうか。

「より多くの貢献をする人により多くのチャンスを与える」など、経営理念で掲げていることは世界で共有して守らなければなりません。経営理念に基づく世界共通の土台の上に、柔軟な人事体系を作っていくことが喫緊の課題となっています。

オリジナリティ溢れるゲームソフトを生み続けたい。その信念は、この業界を志したときからは変わりません。

最近、「60歳を超えたのに、まだやるの? そろそろカナダの山小屋にでも住んで、サーモンを釣りながら過ごせばいいじゃないですか」なんて言われます。そんな意見には耳を貸す気はありません。体が続く限り、現役でいたいという気持ちが、勝手ながら僕にはある!

肝心なのは変化を起こす「触媒」を探すことです。

ページの先頭へ