工藤公康の名言|逆境に立たされたときの考え方で方向性が変わる

振り返ると、這い上がるためのヒントは必ずあります。二軍に落ちたからクビだと思うのか、もう一度這い上がってやるぞと思うのか、どっちに考えるかで方向性も全然違ってくるということを知ることが大切です。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。

喜久川政樹の名言|ネバーギブアップで仕事に取り組むことの大切さ


「より良いものに変える勇気を持つ大胆さ」を。状況は目まぐるしく変わり、1日として同じ日はありません。成功しているやり方でも、「よりベターなやり方」になるよう常に考えるべきでしょう。

小泉文明の名言|成功しているやり方でも、「よりベターなやり方」になるよう常に考えるべき


クレームの相手が感情的になっている理由を謝意を表したうえで、「今回の問題では、どこを一番重要視されているのでしょう。よろしければご教授願います」と、率直に聞いてしまう手もあります。依頼者が激怒した理由が自分たちのミスにあれば、全力で最善の策を練り、ミスが起きた原因と具体的な改善策を挙げるべきです。

兼元謙任の名言・格言|お客様が激怒している理由を率直に聞く


せっかく読んだ本を無駄にしないために、読みながら気になる部分があるとポストイットを貼るようにしています。それを、週末など時間があるときにパソコンに入力して、オリジナルのデータベースをつくっています。この作業をすると、読んだときだけでなく、入力時にも大切だと思う内容がもう一度頭に入ってきますし、デジタル化することで必要なときに検索して簡単に取り出すこともできるようになります。

青野慶久の名言|自分の情報データベースをつくることの大切さ


日本の会社では、村の空気を読んで無茶なことをしない人のほうが据わりはいい。ヘタにトップダウンでやろうとすると、下克上で首を取られます。一時期、いくつかの日本の電機メーカーがトップ人事でゴタゴタしていたことがありましたよね。あれは、織田信長のような手法への抵抗です。現代における「本能寺の変」でした。

冨山和彦の名言|日本企業でヘタにトップダウンでやろうとすると、下克上で首を取られる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ