工藤公康の名言|逆境に立たされたときの考え方で方向性が変わる

振り返ると、這い上がるためのヒントは必ずあります。二軍に落ちたからクビだと思うのか、もう一度這い上がってやるぞと思うのか、どっちに考えるかで方向性も全然違ってくるということを知ることが大切です。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長になってからは半年ですべての店舗を回って、現場の第一線で働く社員たちと直接会って「ダイレクトコミュニケーションミーティング」を開催してきました。社員が何人いても、全員の顔と名前を覚えるように努めています。

最終的に何かを提案するにせよ、相手の考えや要望を十分に聴いてからでないと独り善がりの提案になります。だからこそ、相手の話を積極的に聴く「傾聴」が重要になってくるわけです。「話す」が1割、「聴く」が9割と意識するといいでしょう。

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。

身体を張って挑戦したことのない人、挫折を味わったことがない人には、リアルな権力闘争の場や、深刻な利害衝突がある状況で組織を率いることはできません。このような教科書どおりにいかない現場でこそ、ロジックだけではない腕力や胆力、統率力を身に付けられたのだと思います。

たとえ一人一人が仕事を分担していても、隣の人の仕事に無関心というのは許されません。あくまでもチーム・組織としての動きが重要です。

時間軸の相対化には読書が最適だ。昔の人と直接の友達になることはできないが、読書を通じて知ることは可能だ。お勧めを一冊あげるなら、16世紀、キリスト教の布教のために来日したイエズス会を描いた『クアトロ・ラガッツィ』。この作品では、道端で人がバタバタと倒れて死んでいく戦乱の世の日本人の日常がリアルに描かれている。それと比べて、いまの日本はなんと安定していることか。

固定概念を持たないで、あるべき姿から発想できるのも企業家の条件。

仕事を細かい作業に分解すれば、頑張ればできる量なのかが見極められます。分解すると、そのそれぞれの作業の難易度と優先順位もわかり、やる気が出やすくなります。

自分で選んだ道だからこそ、今、何の後悔もなく、前を向いて歩いてこられたと思っています。

見える化の威力は私自身が会社経営で経験した。社長になったとき、まず会社の問題を見える化することから始めた。たとえば、当時は「日本のものづくりは高コスト」という固定観念が広がっていたが、実際に世界中の工場、商品ごとのコスト構造を分析してみると、日本の工場は変動費部分では十分競争力があった。一方で、固定費部分が非常に重いことがわかり、「1回の大手術」と宣言して構造改革を実施した。

ページの先頭へ