工藤公康の名言|嫌だと思ってもやり続けるとステップアップできる

このエントリーをはてなブックマークに追加

きつい練習をするとき、やる前から「嫌だなあ」と思って臨んだら体は絶対については来ません。たとえきつくても覚悟を決めてやり続けることで、体力も自然とついてきて「嫌だ」という部分が消えていきます。さらに続けると体力の限界が近づいてきます。そこで心の葛藤が起こるはずです。葛藤に打ち勝ち、その壁を乗り越えられるかどうかが、その人がそこで終わるかさらにステップアップするかの試練なんです。ここで問われるのが気力です。


工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業が人員削減のリスクを最小限に抑えるポイントは(1)削減人数の確保(2)労使トラブルの回避(3)コア人材の流出防止(4)残った人材のケアの4つです。

幸せであるため、健康で長生きするためには、他人の基準に惑わされることなく自分なりの価値観を持ってよりよく生きるとともに、日々、「幸せを感じる力」を鍛えトレーニングをすることも大切。

社内人脈をつくるときは「自分の名前を売る」ことよりも、「相手の名前を覚える」ことが先。人は自分に関心を持ってくれている人に、関心を持ちます。だからまず、とにかく社員の名前をたくさん覚えることから始めてください。

最初はチンピラAの役でも、なんでもやりましたよ。同期の連中がいい役をやり出したころだけに、屈辱的なこともあったけど、どんな役でもやるって覚悟したのがよかったのか、28歳のときに映画『沖縄』の主演に抜擢されましてね。

正しい努力をできることは野球選手として成功するための必須条件だといってもいいでしょう。これは、私の指導方針の大きな柱でもあります。方向違いの努力に走って、自らの才能を潰してしまう選手を数多く見てきましたから。

いまは与えられることをこなすので精一杯です。専門は自然にできていくのを待つしかないと考えています。

私は、人間の元からの能力には大差がないと考えています。だからこそ、重要視すべきはモチベーションなのです。

ページの先頭へ