工藤公康の名言|嫌だと思ってもやり続けるとステップアップできる

きつい練習をするとき、やる前から「嫌だなあ」と思って臨んだら体は絶対については来ません。たとえきつくても覚悟を決めてやり続けることで、体力も自然とついてきて「嫌だ」という部分が消えていきます。さらに続けると体力の限界が近づいてきます。そこで心の葛藤が起こるはずです。葛藤に打ち勝ち、その壁を乗り越えられるかどうかが、その人がそこで終わるかさらにステップアップするかの試練なんです。ここで問われるのが気力です。

工藤公康 の経歴

工藤公康、くどう・きみやす。日本のプロ野球選手、監督。愛知県出身。名古屋電気高等学校(のちの愛知工業大学名電高等学校)時代、甲子園で史上18人目のノーヒットノーランを達成。高校卒業後は西武ライオンズに入団しチームの要となった。その後、ダイエー、巨人、横浜と渡り歩き多くのタイトルを残した。通算29年間にもわたる長期間現役を続け、41歳で200勝を達成し、当時の史上最年長記録を更新した。引退後、福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報を書き込む手帳やノートというものは、同じものを使い続けることが重要。なぜなら、経営者は、常に長いスパンで物事を見渡す必要があるからです。年次ごとの状況を比較したり、そこから見える翌年以降のビジョンを考えたりするとき、一年できっかり切り替わる、同じ仕様の手帳が大いに役立つのです。

松井忠三の名言|年次ごとの状況を比較したり、そこから見える翌年以降のビジョンを考えたりするとき、同じ仕様の手帳が大いに役立つ


成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。

塚本こなみの名言|成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


企業の合併・買収で派閥をつくらない方法としては、ふたつの旧会社で同じ業務内容を担う部門については、徹底的に人材を混ぜ合わせ、業務内容が異なる部門については最初から人材を混ぜ合わせないという組織戦略をとるのが一般的だ。前者は蓄積されたノウハウの相乗効果を狙い、後者は不必要な対立を避ける意図である。

大久保幸夫の名言・格言|企業の合併・買収時に派閥をつくらない方法


専業でないからこそ、本質的に良い仕事ができる場合はかなりある。専業だと成立しないが、複業の1つなら成り立つ仕事もたくさんある。

伊藤洋志の名言|専業だと成立しないが、複業の1つなら成り立つ仕事もたくさんある


私が採用の最終選考でする質問はただひとつ、「今までの人生をふり返って、自分は強運だったと思う人は手を挙げてください」だけです。同じ点数の人が二人いたら、手を挙げたほうを採ります。本当に強運だったら一緒に働きたいし、その運をもらいたい。強運ではないのにそう思っているとしたら、かなりのプラス思考なので、絶対にそっちのほうがいいですから。

設楽洋の名言|強運であること、強運だと思い込むことが大切


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ