北野武の名言|話が合わないのは、世代の違いではなく話を聞き出せない自分の未熟さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

世代が違うと話が合わないなんて言うのは間違い。話が合わないんじゃなくて、話を引き出せない自分がバカなのだ。年寄りとお茶を飲んでいて、「おじいちゃん、この茶碗は何?」って聞けば、何かしら答えが返ってくる。きっかけさえ作ることができれば、思いもよらない話が聞けることもある。相手はいい気持ちになれるし、こっちは知らなかったことを知る。相手が小学生だって同じだ。


北野武(ビートたけし) の経歴

北野武、きたの・たけし。ビートたけし。日本のお笑いタレント、映画監督、俳優。東京出身。明治大学工学部(のちの理工学部)機械工学科に入学するも、途中から通学しなくなり除籍(のちに同校から特別卒業認定証と特別功労賞を受け卒業と認められた)。芸人をめざしお笑いコンビのツービートを結成、浅草のストリップ劇場で前座として活動したのち、漫才ブームの一翼を担った。お笑い以外でも才能を発揮し、映画監督としてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞をはじめ国内外の多数の賞を受賞、また、絵画などでも活躍した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの言葉で少しを語らず、少しの言葉で多くを語れ。

わざわいは口からと言う。言葉をつつしみ、自分の偉さを表そうとはせず、気取られなければかえって人に尊敬され、親しまれ、自分も楽しみが多い。威張り、虚勢をはる人は他からも嫌われ、孤立し、人望を失うに至る。

我々は、自分に興味を抱く人間に対して興味を抱く。

雑談だからといって雑に扱うことなかれ。会話はいつも真剣勝負。雑談は、相手との距離をちょっと縮める千載一遇のチャンス。

あなたの敵にどうやって復讐すべきだろうか?できる限り多くの善行を行うよう努力しなさい。

僕は基本的に何かを押し付けることはしないんだよね。僕は人間に与えられた才能というのは想像力だと思う。その想像力っていうのは、ひとつの世界を描き上げるイマジネーションであり、クリエーションであり、これは唯一、僕ら人間が持っていて他の動物が持っていない才能だと思う。自分が作り上げた物語やステージを通して、君はどう思う?君はどう感じる?と投げかけているけど、それをどう受け止めるかは、その人自身。

多数の友を持つ者は、ひとりの友も持たない。野獣は野獣を知る。同じ羽毛の鳥はおのずから一緒に集まる。

ページの先頭へ