中原淳の名言|社外で勉強するメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

学習の場は職場だけではありません。会社外での勉強会や読書会へ参加してみることをお勧めします。社外で自分の仕事の意味や能力を客観的に確認できるかもしれません。会社の欠点だと思っていたことが、世間的には評価されていたりもします。視野を拡大させると、仕事に対する新たな意欲も湧いてくるものです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

従業員に接する時は、まず「ありがとう」「お疲れさま」と感謝の気持ちを伝え、その後はとことん聞き役に徹します。話の途中で「こういう考え方もあるでしょ」などと遮ったり、茶々を入れたりしてはいけません。せいぜい相づちを打つくらいで、黙って最後まで聞くんです。私も若い頃は人の話を聞けなかった。「自分には何もない」と思えば、何でもありがたく聞けるようになります。

サブプライム問題で揺れる欧米金融機関への出資は、いま新規にアライアンスが組めて、地域や商品で相乗効果が期待できるなど、本当の意味でのWin-Winの関係で、シナジー効果をあげられるならいいでしょう。しかし、単なる純投資で終わるなら関心はありません。

仕事に違和感を覚えたら、アクションを起こしてみることが大事です。やりたい仕事や情熱を注ぐ対象があったら、まず動いてみることです。

自ら実践しないと、何が求められているのかを理解できない。サービスやソリューションを売るためには、言行一致で自分たちがエクセレントカンパニーになることが求められる。

言葉とは相手に合わせて変えるもので、それによって相手との心地よい距離を作ります。社内外問わず、広く好感を持たれている人は、相手に合わせた敬語を上手に使いこなせている人なのです。

革新的なビジネスモデルはNEC一社ではできない。事業パートナーや顧客との「共創」が不可欠で、そのコーディネート役を我々が担う。

映画コメンテーターとしてイベントに出るときは、流行のネタを取り入れたり、雑誌やワイドショーで取り上げられやすい発言をするようにしています。だってイベントはメディアに取り上げてもらうためでしょ。取り上げられなかったら私が出て行く意味がないじゃない?

企業の信頼は個人の小さなことの積み重ねによってつくられる。

米国勢は統一された技術とサービスで世界をひとつにしていく方向です。しかし国ごとに文化も人々の考え方も異なる。インターネットのサービスにおいても、国ごとに変えていくような多様性が必要。

会社の理念である「Happy Life Solution Company」がスタッフを束ねる横串になっていると思います。これはコミュニティーブランドにもつながるものです。ファッションを生業にはしていますが、それ以前にヒトとコミュニティーを大事にする。働く人や関係する人が幸せになる会社にしようという理念です。それに共感した人たちが集まっています。

ページの先頭へ