中原淳の名言|部下に仕事を任せるときは、ギリギリまで口を出さない

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の力を伸ばしたいと思ったら、仕事を任せるのが究極の手です。その際、大切なのは待つことです。仕事のやり方などに気がかりなことがあっても、口は開かず、部下自身が自覚するギリギリのタイミングまで、じっと待ち続けるのです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

やる気や意志だけでは続けられないのが普通です。だから、続けられる仕組みや環境づくりをすることが重要なのです。

チャンスは変化や危機の中にこそあります。それをとらえられなければ、企業価値の増大も成長も不可能です。4年前、私が企画担当役員だったころ保険金の支払い漏れで業務停止命令を受け、創業以来最大の危機の中にありました。すぐに対応策を議論しました。結果は「商品サービスの品質を競争力にする新しいビジネスモデル」というものが共通の認識になりました。危機を好機ととらえ、ゼロからやり直してみようという考えでした。マーケットインの発想を突き詰めればそれしかないという結論です。

私の仕事場の扉には「まず初めに愛情があり、そして技術がある」というガウディの言葉を掲げています。伝統だけを守っていてはその本質を守ることはできない。時代ごとに愛を持って新風をそこに吹き込んでいく努力を続けることで、いつしか伝統の上に築き上げた高みに立っていることに気付く。

人知れずの心で徳を積む陰徳が大事。それが結果として、お客様に信用・信頼されることになる。

見える化すれば競争するなんてのは幻想で、現実には皆が下に合わせるようになるだけ。自分たちより成績が悪い部署を見て安心するから、組織としてのパフォーマンスはかえって下がる。今は全店の売上高を見られるのは、自分と外食事業を統括するマネジャーの2人だけ。

現代のビジネスはほとんどが「サービス業」。上司、部下、同僚、取引先、顧客との関係――いかに対人関係を上手く築けるかで成果が変わる仕事が大半。相手の感情を大切にする「感情産業」です。つまり「仕事がデキる人」とは、コミュニケーションが円滑にとれる人のこと。

自分自身と、取引先という2つのライバルに勝ってこそ、成功という果実を手にすることができる。

ページの先頭へ