中原淳の名言|上司の役目は部下に指示を出すことではない

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下の内省を促すために、上司に必要なのは聞くことです。言うことは得意な一方、部下の話を聞くことが不得手な上司はたくさんいます。そもそも「部下に指示を出すのが上司の役目だ」と思っている人が多すぎるように思うのは私だけでしょうか。自分が部下だったころを考えてみてください。上司から言われたことを100%理解でき、腹に落ちるのは稀で、むしろ自分なりに取捨選択して仕事を意味づけしていたのではないでしょうか。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

目標は高すぎるとやる気が起きませんし、低すぎると努力をしなくなる。少し背伸びすれば手の届く目標が最適。

相手が興味のないことをいくら話しても、聞き流されるだけ。

たとえば、日本に歯科医院が約7万あるそうですが、7万という数字だけでは多いのか少ないのかがわりません。でも、ここにコンビニの店舗数が約5万であるという比較材料を加えると、どのくらいの数であるかが即座に感覚として理解できるわけです。

販促費などお金を必要なときには使わないといけない。営業は鉄砲を持って戦場に行く兵隊です。競合がめちゃくちゃに撃っているのに、こっちに弾がなかったら、みんな討ち死にです。

僕は自分を「鏡」だと考えています。頼みごとに来る人は、その人なりに僕の言葉を理解するわけです。人によってそこに温度差が生じるのは確かです。楽ばかりして逃げていた人にはそれだけしか反射しないし、本当に自分で頑張ってきた人には、ちゃんとその通りに反射しています。頼ってこられたら真摯に向き合いますが、最後は相手の器次第です。

私にとって「生き抜く」という言葉は、他人を押しのけて自分だけが上にいくことを意味しない。ある人物の価値は、一人で何ができるかということではなく、一緒にプロジェクトを進めていく仲間たち、そして仲間とともにつくり上げた成果物によって評価されるからだ。

当社のオーナーと経営は一緒ですから、意思決定が早いことは間違いないです。変化が激しい時代に決断が早いのは大きな武器です。

成功とは未来にあるのではなく、いま目の前にある仕事をしっかりやるということです。エクセレンス(卓越性)を生み出すことが、われわれの仕事です。

私は最近、「π字型」の人材という言葉をよく使っています。何かひとつの専門領域を掘り下げるのが「I字型」で、幅広い知識とひとつの専門領域を持つのが「T字型」。そのT字型に、もうひとつ異なる専門分野を別に持っているのが「π字型」の人材です。複数の専門領域を通じた複眼的な思考ができると、技術革新や商品開発につながりやすいと思うんですね。

俯瞰してみれば、そもそも人類史とは、そのはじまりからずっとグローバル化の歴史であり、これが逆行したことはほとんどない。

ページの先頭へ