中原淳の名言|自分のやり方を振り返り、自分の行動を意味づけることが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司はただ営業日誌を書かせチェックするだけではなく、本人が持っている考え方とは別の考え方を提示することが必要です。自分とはまったく異なる考え方を提示されると、当然本人が持っている考え方と衝突します。この衝突を経験することで自分の普段のやり方を振り返り、それが効果的なのか、といった内省が始まるのです。振り返りによって自分の行動を意味づけることが、内省を行うための第一歩といえるでしょう。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

リーダーというのは、常に弱い人の味方でなければいけません。強い人は放っておいても生きていけますから、弱い人にも平等に機会を与えていく。そういう温かい血を養って、初めて人の上に立てるんです。

謙虚さを意識するには、たとえば初めての居酒屋に一人で入って、カウンターに座ってみたらいいと思います。そこでいい時間を過ごしたいと思ったら、店のスタッフや隣の常連さんにいろいろ教えてもらおうとするはずです。小さなことかもしれませんが、そうして「周りから教えてもらう」という姿勢を持つことが、人に好かれる基本ではないでしょうか。

日本が経済的にも社会的にも成熟国家になった今、欧米諸国に先行事例を求めても、答えを見つけることは容易でない。日本は今、自ら課題を設定し、自ら解決していかなければならない時代を迎えています。

信用したり期待しなければ裏切られることもないのです。それを頭に入れておくと、意外と対人関係は楽になります。

いつまでも適職に巡り合えないと思っている人は、職業の探し方の発想を変えてみる必要があります。

少々戦況が自軍に不利であっても、大将が「よし、この戦、きっと勝ってやろう、勝つんだ、勝てるんだ」という確固とした信念をもっていれば、たいていは勝てるものだ。

会社に不満を持っている人へ、仕事が面白くない人へ。早く仕事を辞めなさい。辞める前に一つだけやれ。6ヶ月後に辞めるとしたら6ヶ月間で現在やっている仕事の目標を作ってみよ。客数を2倍にするとか売上を3割アップしてみるとか、会社のノルマとは関係無く自分で設定してみよ。その目標に到達出来た時は辞めようと決めておけ。達成した時は今までのなさけない自分ではなくなっている。上司が悪い、会社が悪い、認めてくれない等と思わなくなる。

ページの先頭へ