中原淳の名言|人が成長するには経験のあとの内省が不可欠

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく小学校の校外活動で川や山に行くことがありますが、そこでは学校を離れ、山や川に行くこと自体が目的になってしまうことが多いように感じます。その川で何を学んだかという内省や省察を引き出すことがおざなりにされがちなのです。仕事も同じことで、人が成長するには経験のあとの内省が不可欠です。問われるべきは経験だけではありません。その後にどのような内省があるかが問題なのです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今年のテーマは許すことです。いままでの僕は、何に対しても完ぺきを求めていました。でも、相手のいいところを探そうとか、見方や視点をちょっと変えると、それもありかな、と思えることがある。もちろん、それは自分に対する甘えにつながる可能性はありますけど、僕の「甘い」は他の人よりよっぽど厳しいと思いますから、それくらいはオッケーでしょう。脱、完ぺき主義ですね。

新しい分野に挑戦する時には、若い柔軟な頭で考えてもらった方が安心だ。

いい資料を作るには、まずPCを開くのではなく、頭で設計することが肝要。「何のために作るのか」をしっかり定めるのが、資料作りの出発点。

素質があれば、苦にならずできるはずです。本気でやりたいと思って続けられているのなら、それは素質があるということだと思います。

伸びている経営者は、皆さん聞き上手。

毎月着実に収益を上げ、手元にしっかりお金を残していくことは、リスク管理の上でも大きなプラスになります。長期にわたる不動産投資では、将来的に状況が変化する可能性もある。そのときお金に余裕があれば、数ある対応策のなかから最善のものを選択できるわけです。

日本の中小企業の多くは大企業からの仕事さえあれば会社が経営できていましたが、徐々にそれでは成り立たなくなってきています。そのため新しいことに挑戦しなければならないという問題意識はあるのですが、何をやればよいのかと悩んでいるケースが多いように感じます。そこで、我々の方からやってほしいことをお願いできないかと考えています。多くの中小企業には優れた技術やノウハウがありますので、「こういうことをやりたい」「こういうものを作りたい」「あなたの会社の技術をこういう風に使いたい」と言えば、我々が想定していた以上のアウトプットを出してくれると思います。

ページの先頭へ