中原淳の名言|経験の力を絶対視しない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経験学習をよしとする理論家や実務家は、経験の力を絶対視しがちです。しかし、それは間違いです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

独自性がないということは、逆にうちは何でもできるということだと思います。積水ハウスは単世帯型、多世帯型、木造住宅、賃貸、何でもやります。「住宅のデパート」と言っていただいても構いません。個人商店ではなく、デパート。だから独自性がないと、とらえられることもあるのでしょう。ですが、それぞれの商品には独自性があります。少ない商品に特化すれば独自性が強調されますが、「住宅のデパート」はそれだけではないということです。

作ってくれる人がいるから商売が出来る。

雑談下手な人が陥りがちなのが、「はい」か「いいえ」でしか答えられない質問をしてしまうこと。それだと、そこで話が終っちゃいます。例えば美人に「おきれいですね」と質問しても、大抵、「そんなことありません」で終ってしまうでしょう? ひと言で答えられない、ざっくりした質問を投げてみてください。

企業は活動の基盤となる社会の仕組みから、多様なプラス効果を受ける。これを「外部経済」と呼ぶ。健全な社会が機能してこそ、企業は収益を得られる。

私は、タスクリストを周囲と共有しています。自分が抱えている仕事を上司に見せることは、上司にとってもありがたいことと言えます。部下が今どんな仕事を抱えているのか、全体像を把握することは難しいからです。とくに、以前勤めていた外資系企業では上司が頻繁に替わったため、業務を可視化すると喜ばれました。

我々はアップルやサムスンと同じモノは作りません。顧客視点で、満足度の高い新規事業を手掛けていこうと考えています。

成功への近道なんていうものは「ない」と思いますね。まず冒険は「行ける環境」を作ることから難しい。

心というか、目に見えないところが大事。

名古屋大学からノーベル賞受賞が続いているのは、大学が誕生した時期と関係していると思います。名古屋大学が最後の旧制帝国大学として設立されたのは1939年。しかしすぐ戦争に突入、戦後の10年間は死んでいるも同じで、実質的な大学発足は60年代になってからです。発足が遅かったからこそ、教師も大学のスタッフも若く、学内ははつらつとした雰囲気に満ちていた。

部下が精一杯仕事を出来るようにすることが社長の仕事。

ページの先頭へ