中原淳の名言|部下を育てるのに重要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

部下自身に、自分の仕事や行動に対する意味づけをしっかりと行わせることが肝心です。この行為がないと人は育ちませんし、成長実感を得ることもできません。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

変わった人というのは、得てして自分が変だと思っていません。だから変と意識して演じないほうがリアリティを出せます。コメディでもそうですよね。笑わせようと狙っていては面白くないでしょう。

成功者は、感情をコントロールするのがうまい。ここぞという場面では自己暗示をかけるなどして、気持ちを前向きに持っていき、成功をつかんでいる。ダメだと思った時点でダメ。

本来ならいち早く情報を開示して、顧客の被害を最小限に食い止める努力をしなければならないのに、被害者の視点しか持てずに自らが犯した罪に気づくのが遅れてしまう。そういうときに危機管理に失敗するのである。

大事なのは、「メンバー同士を競わせるなら、スキルに限定する」ということです。営業成績が悪かっただけなのに、「だから君はダメなんだよ」と人格まで否定する上司がいますが、これは最悪。視点をあくまでスキルにフォーカスし、「訪問件数が少なかったのでは?」「クロージングのトークを変えたらどうか」など、具体的なスキルについて指摘するべきです。

私も帝人を辞めて銀行に行くといったときも、銀行を辞めてファンドをやると言ったときも、誰も賛成しませんでした。私は自分で面白そうだからやる、と言うんだけれど、それを説明するのは難しい。皆が賛成しない、だから面白いのですが。

天運が尽き果てて滅亡したとしても、義理を違えまいとさえ心得ているならば、末世に至ってもうしろ指をさされることがないだろう。

情報収集というのは、やたらめったら情報を集めればいいというものではありません。あれもこれもと情報を集めていても、それが自分の仕事とまったく関係がなかったり、関係が薄いものであれば、無駄になってしまいます。サラリーマンにおける情報収集というのは、自分の仕事に生かすためにするものです。つまり、自分の仕事において何が必要かということを明確にする必要があります。

アメリカでレイオフを行ったとき、私は各工場に経緯を説明して回りました。「レイオフは経営者の判断なのだから、いちいち説明の必要はない」という人もいましたが、いままで一緒にやってきた仲間なのだから、それでは無責任です。そこはアメリカ流でやるのではなく、精一杯言葉を尽くしたかった。

マーケッターには調査はもちろん、販売や広告、経理など様々な知識が必要です。真のマーケッターになるには、むしろ専門性を持ちながら、いろいろな分野を経験して最後にマーケッターになるのがいいのではないかと、いまは思います。

リーダーの条件は危険察知能力。これは危ないと、わからない経営者はダメです。つまらないことで騒いだり、大事なことに気づかなかったりしたらダメ。

ページの先頭へ