中原淳の名言|仕事を通じて部下に達成感を感じさせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を正当に評価し、デキる人には金銭やポストで報いるのが人事の基本ですが、それ以前に、部下のやる気を喚起するには仕事を通じて自分が成長しているんだという実感を持たせることがポイントです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大切なのは、お客様が何をしてほしいかを言われる前に察して、それをしてさしあげること。逆にいえば、お客様の気持ちを汲み取っていなければ、いくらお金や手間をかけたサービスでも伝わらない。

バンダイの情報共有型会議では異論や質問を一切受け付けません。聞き手が疑問を持つのは当然ですが、それをいちいちその場で解決していたら、会議はいつまでたっても終わりません。だから質問があれば、会議のあとで個人的に聞きにいくことになっています。そもそも質問とは、説明や報告に対して「自分がどのように納得したか」を確認する作業です。つまり公開の場でやり取りする性質のものではないのです。

飲食業では、店を持つことを夢みて始める人が多くいます。店を一軒持つと、開店初日に「自分も一国一城の主になった」と感慨に浸るものです。でも、私にはそんな気持ちは全くありませんでした、「二軒目をどうやって出すか。資金繰りはどうするか」、そればかり。「大チェーンをつくる」という思いで起業したわけですから、一軒目で満足などしていられません。もっと大きな夢を追いかけていました。

新しい作品をやるたびに、それまでの自分がやった作品を忘れて参加するみたいなところがあるんです。巡り合わせというか、面白いことに、何本かに一本はああいう感じの作品をやることになるんですよ。『どれみ』みたいなのをやってても、必ずゴツゴツしたやつが入ってくるんです。自分でも、どっちかだけになっちゃうと、あんまり良くないような気がして。
【覚書き:おジャ魔女どれみのような可愛らしい感じの作品と、ベルセルクやグラップラー刃牙のような筋肉質な作品に交互に関わっていることについての発言】

自分が知らないことを話されても、どう返していいのかわからない……。そんなときに使える必勝テクニックが「おうむ返し」です。たとえば、自分が興味のないゴルフの話題をされたとしましょう。「ゴルフのコンペで優勝したんですよ」「おめでとうございます。優勝したんですね。さすがですね」「スコアが90を切ったんだよ」「すご~い、90を切ったんですね」どうでしょうか? 自分にゴルフの知識がなくても、相手が言ったことを繰り返し言うだけで、会話が弾み、相手を気持ちよくさせることができます。

新しいニーズにお応えできないと世界トップの地位は維持できない。

長いビジネス人生でいかにすれば敗者にならずに過ごすことができるのか。私は、自分を磨き、成長するためには「学ぶ習慣」を身につけることだと考えています。

いまは自分の力でいくらでも稼ぐことができる時代。一番大きなポイントは、稼ぐマインド。本気で儲けたいという気持ちを持たなければ稼ぐ発想や方法は出てこない。

人口減が即経済力低下と思い込むのはおかしい。今はイノベーションで生産性を上げられる。

一生懸命努力して開発した商品が売れなくても、それは技術者のせいではありません。「何で失敗したんだ」と責めたりしないで、留保にしておくことが重要です。アルバックでは失敗しても、駄目だったとは言わないで、いつかまた可能性があるから将来のために取っておこうと言います。そうすると何年もたってから「あの技術がほかの分野でまた使える」とひらめくときがあるのです。

ページの先頭へ