中原淳の名言|施設での研修は効果が低い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業研修はもっぱら、仕事の現場と切り離した施設などで行われています。しかし最も効果が高いのは、実際の仕事の現場で自分の仕事を振りかえる場や機会の存在だと私は考えます。仕事場と切り離しての研修は、社員の意識が「仕事は仕事、研修は研修」と分けられてしまいがちで、研修で得たスキルが実際の仕事に活かされにくくなってしまいます。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

海外事業で大切にしていることは、相手の国のためになることをやるという思いです。相手の国のために行動することでこちらも恩恵を受けるわけです。

会社という組織の中で地位が高くなるにつれ、共に働く部下が増えるものですが、彼ら一人一人にできる限り自ら考えて行動してほしいという思いのもと、指導してきました。自分で考えて行動する人は少なからずいるのですが、自らの意思となると意外に難しいものです。

ヒントは現場にしかない。

相手に伝わる話し方をするには、聞き手への関心を持ち続けることが、何よりも大事だと思います。

誰だって失敗は好きじゃない。失敗するより成功したほうがいい。だが経営者なら、失敗に尻込みしていたら話にならない。

こだわりに立脚していれば、サービスのコモディティ化を避けることができます。

コピーはオリジナルにはかないませんが、オリジナルの7掛けのパフォーマンスはできる。

商品の優位性は模倣されてしまうが、サービスの優位性はなかなか模倣されない。

人と人との出会いは貴重なものです。せっかく出会った縁は、やはり太くする努力が必要です。

私はもともとCEOになるべき人間だと思ってはいませんでした。だからこそ、CEOの責務の大きさをよく分かっています。新製品を生み出し続け、しっかりとした事業基盤を作る。その点に尽きると思っています。

ページの先頭へ