中原淳の名言|無気力は学習されて獲得されるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加

無気力は決して個人の資質の問題ではありません。無気力は学習されて獲得されるものです。


中原淳 の経歴

中原淳、なかはら・じゅん。日本の教育学者。北海道出身。東京大学教育学部卒業、大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。文部科学省大学共同利用機関メディア教育開発センター助手、東京大学大学総合教育研究センター講師、同助教授、同准教授、東京大学大学院学際情報学府准教授。主な著書に『企業内人材育成入門』『ダイアローグ 対話する組織』『ここからはじまる人材育成』『リフレクティブマネジャー』など。専門は職場学習論、人材発達支援論。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は楽なほうに流れる生き物。でも、ビジネスマンとしての実力を伸ばしたいのであれば、やっぱり自分の前に立ちはだかる壁はどんどん乗り越えていくべき。

人生はチャンスと変化に富んでいる。そして最も栄えているときに、人は大きな不幸に見舞われる。

失敗が続くと企業イメージが悪くなるという人もいますが、売れない商品は3カ月経つとみんな忘れちゃうので気にしません。

集中と選択でどんどんやってきた中身を見てみると、時代が移り変わる中で将来性のあるものとそうでないものが混在していました。そこで社長就任から3年間、選択選択、見直し見直しでいきました。たとえ前任の安居社長の時代に始めた事業であっても、やめます、撤退します、撤収しますと。

どうせなら本場のシリコンバレーで勝負してみたかった。それで2010年に向こうに渡りました。

他人に良かれと動き、仲間のために汗をかくとき、売上は爆発的に伸びる。

ドライバーは荷物を届けたお客さんからありがとうと言われるうちに、宅配のやりがいを感じてくれるようになりました。

自分はなぜこの贅沢をしたいのか、自分にとって本当の贅沢は何なのかを検証してみることです。高級車や高級ブランド品を持ったとしても、それが自分に対するまわりの評価においてどうなのかと。

町おこしのカギはネーミングです。名前を聞いた時に、面白そうだなと興味を持ってもらうことが大切です。

私の知るかぎり、医学的、科学的見地から長時間働くことで効率が上がるという証拠は皆無です。誰もが実感しているとおり、人間は疲れると効率が下がるものです。私もそうですが、集中力なんてせいぜい2時間が限度。そのことをまず理解しなくてはいけません。

ページの先頭へ