永守重信の名言|小さいことをないがしろにする行為は徹底的に叱る

小さなことをないがしろにする行為に対しては、徹底的に叱責するという風土を根付かせています。

永守重信 の経歴

永守重信、ながもり・しげのぶ。日本の経営者。「日本電産」創業者。京都府出身。職業訓練大学校(のちの職業能力開発総合大学校)卒業後、日本の音響機器メーカーのティアック、機械メーカーの山科精器を経て、日本電産を創業。社員3人とともに会社をスタートさせ、同社を世界シェアトップ製品を持つ会社に成長させた。また、数十社の経営再建を成し遂げた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

育てる上司たちは、指折りの良い上司にならなければいけない。そして上司は悪い点はちゃんと戒めて叱らなければなりません。叱ることをタブーにされたおかげで日本はここまで教育が崩壊したのです。私は当社に入ってくる社員を教育し直してきました。そのおかげか、お客様に評判の良い社員が増えております。

田中健介の名言|社員を教育し直す


腰の重い社員もいますから、納期の中間地点に達しても、ほとんどできていないということもままあります。そのときには、叱るのではなくできない理由を解きほぐして、ゴールまで伴走するように心がけます。できない理由は技量不足のこともあれば、優先順位のつけ方に問題があることもあります。

臼井由妃の名言|腰の重い社員のできない理由を解きほぐすことの重要性


人を育てるという点で大事なのは叱ることです。失敗させて、厳しく叱って、また使う。

伊丹敬之の名言|失敗させて、厳しく叱って、また使う


叱る際は傾聴を心がけて、背広を脱ぐなど無用な威圧感を与えない工夫もしたい。叱るタイミングにも注意が必要である。午前中に怒り心頭の部下の失敗も、午後には許せてしまうことがある。

渡部卓の名言|叱るときは工夫を


叱ると同時にミスの原因を探るのも良い方法です。「納期に間に合わなかったのはなぜ?」と問い、原因がわかれば、「次からそこに気をつけて」と指導する。原因を取り除くことで、相手の成長を促せます。

後田良輔の名言|原因を具体的にして取り除くことが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ