大東隆行の名言|愛嬌のある人は絶対得をする

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司は「この人の言うことは信用できる。この人についていったら何かいいことがある」と部下に思わせ、部下の中にファンをつくらなくてはいけません。そういうときに大事なのが愛嬌です。愛嬌のある人は絶対得をします。人間の値打ちは優しさと愛嬌だと思います。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

鈍感力と楽天性が、心が折れないための両輪。

「若い頃の失敗こそ、将来の成功への貴重な糧」というくらいの太い神経を持っていないと、大きな成功は到底望めない。

わかりやすい文章を書くためには、「何を言いたいか」を明確にするとともに、「誰に理解してもらいたいか」も明確にすること。つまり、目的を明確にすることです。逆に言うと、文章を苦手とするビジネスマンは、文書の目的を理解できていないことが多いのです。その背景には、自分の仕事を理解できていない、自分が何を求められているかを理解できていない、ということがあると思います。文章がうまくなりたいなら、まずは自分の仕事をしっかりと理解することです。

キレられたときに、なぜ相手がキレているのか、認識のギャップを理解したうえで、それを覆す成果や対応を示せば相手はあなたを認めるでしょう。キレに向き合うことは、何よりあなたの成長にもつながるはずです。

いま、インテルがとても大事にしているのが、”be bold”(大胆な発想)と、”velocity”(速さ)です。”be bold”は「リスクをとって前に進め」ということ。”velocity”は、「ただ速いだけではなく、ダイナミックに、川の流れのようにグワーッと一方向に向かっていけ」ということです。私たちは「動きというのは遅いものだ」という意識を持っています。だから「周りはもっと速い、だから危機感を持って速く進め」と常に自分にもスタッフにも言い聞かせています。

僕は労働生産性を改善する究極の手法は、ひと言で言えば「適材適所」だと思っているのです。では、適材適所はどうすれば実現できるかといえば、ベースになるのは本人の動機や意思です。好きこそものの上手なれと言いますが、人間、やっぱり好きなことをやっているときが最も成果を挙げる時なんですね。

座学では痛い目を見ないので大事なことを学べない。まずは少額でやってみて経験値を上げてください。失敗すると、その反対に正解に近付けるし、いずれ正解がわかるでしょう。

ページの先頭へ