大東隆行の名言|マネジャーに必要な3つの資質

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの店長に必要な資質はいくつかあります。まずは『行動力』です。来店客層や数字を読んで、「うちの店は昼のサラリーマンが多い。定食をたくさんつくったろ」と思ったら、次の日から定食を並べる。知恵を集結して行動を起こすのです。次は、『部下のことを理解する力』です。パートさんもアルバイトも含めて、自分の店にいる人の性格と行動を読む。それによって、仕事場の配置を考えることができます。そして『愛嬌』。店長は部下を引っ張っていく存在です。上に立って人に指図する人間は人間性を問われます。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

下がる市場を見ていたら買うことは難しいかもしれませんが、企業の中身をしっかり見ていれば不安心理なんてどこ吹く風といった具合で買えます。優良企業が割安で買える大きなチャンスです。

最終的には自分を信用してもらえるかどうかで、すべてが決まる。

AIはどんどん進化していくので、自動化できることは自動化すべき。

不祥事に直面した際に、理念の下で事業を行っていたけれども「ここで自分達は間違えた」ということがわかるような基軸を作った方が、あらゆる点から良いのではないか。

人脈づくりで一番効果的だったのはやはり、お礼状でしたね。手まめであることは人脈づくりにとても有効ですし、何よりお金もかかりません。

京セラの稲盛和夫さんに取材したとき、面白い話を聞きました。彼は日本の企業にセラミックを売ろうとしたのですが、最初は相手にしてもらえなかった。それで本場のアメリカに売りに行った。アメリカはテストだけはしてくれるから、チャンスがあったんですね。結果、テキサス・インスツルメンツという大きな半導体会社が買ってくれて、京セラは世界的企業になった。

外面だけを見て、データを切り貼りしたような本もあるけれど、そこには心が入っていないよね。逆に、自分の中から一生懸命言葉をつむぎだしていくなら、途中で失敗して苦しんだとしても、そのときの気持ちが入ってくるから、素晴らしい作品ができると思うんだ。

お客さんは法律の話なんか聞きたくないと思うんです。知りたいのはどう法律を使えば課題が解決できるのかという、その方法。その領域をどう学び、実際に即した解決策を提示できるかが士業としては非常に大事な視点なのかなと思っています。

私たちの製品であるバーコードリーダーやQRコードも、それらを使うお客様に喜んでいただくことで、私たちも成長してきました。それは市場が飽和している現在でも変わりません。お客様の視点に立って、どういうお困り事があるかをつかむことで、新しい価値創造ができると考えています。

我々通信業界の状況も、ここ10年、ドラスティック(徹底的)に変わり続けています。新しい技術がどんどん出て、さまざまな会社が参入し、前に行くには、常に新しいことを考えなくてはならないのです。失敗を恐れたり過去の成功体験にこだわりすぎていては、理想に向かって前進することができません。

ページの先頭へ