大東隆行の名言|一生懸命やる結果、評価される

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前まで、王将の仕事は「危険、汚い、きつい」の3Kだと言われていました。しかし、みんなが一生懸命、お客様目線で鍋を振ってきたから、お客さんが評価してくれるようになりました。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々のようなベンチャーは、大手と同じような考え方をする人を採用しても成長するわけがありません。

読書は丁寧に思考のプロセスを追っていくことでこそ、様々な著者の思考パターンを学ぶことができます。とくに役立つのが、賢人の思考パターンを理解すること。だから、古典を丁寧に読むことが大切なのです。

伸びると確信できる投資先が見つかれば、そこに集中投資すべきだ。世界に満遍なく分散投資、といったやり方では、資産を守ることはできても殖やすことはおぼつかない。

僕が好きなのは、相手から見て「これはいったい何を狙っているんだろう、分からない」という手が好きなんですよ。勝つために何が一番有効かというと、「いや、僕もよく分からないんだよね」みたいな(笑)。逆に、誰もが「これはこういう狙いだろう」と思うような手は打ちたくない。ライバルに対策を講じられてしまいますから。

海外進出の際は現地の弁護士や公認会計士、コンサルタントを見つけることが大切です。現地に適したビジネスの仕方をしなければいけません。

「同期のあいつがマンションを買ったから」と、横並び意識から無理をするのも禁物です。たとえ給料が同じでも、その人の実家は資産家なのかもしれませんし、奥さんがご主人以上に収入があるのかもしれません。また、金回りがよさそうに見える人でも、家計の内実は火の車で長続きしないケースも多いのです。

今はスマホに乗り換えたばかりのユーザーも多いので、伸びていくでしょう。ですが、ひとつ言えるのは、このままだとそのうち飽きられるということです。

ページの先頭へ