大東隆行の名言|お客様目線を忘れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

従業員には気持ちよく働いてもらいたい。だからといって、甘えた気持ちになってはいけません。生産性を上げなくてはいけないし、お客さんの目線を忘れてはいけません。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ポジティブなエネルギーを持つ人の周囲には、よい情報やよい人脈をもつ人が自然と集まってくるものです。そういう人たちと付き合っていると、役に立つ情報も自然と手に入るようになってきます。信頼できる人からの生の情報は、ネットで検索して調べるよりもずっと実用的で、信憑性が高いものです。そうした情報をもとに判断すれば、お金についても失敗することが少なくなるはずです。

目的を達成しようとするとき、邪魔をする人に出会うでしょう。ですが、気にすることなく、やり遂げなさい。

自分で創業したジャストシステムを離れ、新会社を立ち上げたのは、単純にやりたいことがたくさんあったからです。「引退してもおかしくない年齢」と言われましたが、意欲はまだまだ十分あります。ならば、ゼロから始めよう、と考えたのです。

小さいながらも会社をこしらえ、その社長ともなると、責任は急に重くなった感じである。事業の成否は、すぐさまこれを取り巻く多くの人々の幸福につながっている。必ず発展させなければならないと誓いを新たにした。
【覚書き|三洋電機を株式会社化したときを振り返っての発言】

自宅の台所のどこにフォークがあるかを覚えているのは、食器棚が整理されて、置き場所が決まっているからです。整理されていないものを覚えるのは難しい。なので、「どう整理するか」をまず考えるべきです。整理とは分けることです。「分ける」ことが「解る」ことにつながります。整理する方法は、図や表にする、規則性を見つける、置き換えるなどがあります。

苦手意識があると、プレッシャーを感じますよね。でも、どうあがいても、その日がきたらやらなくちゃいけない。それならば、納得のいくまで練習をするしかない。

信頼の先に自然と結果はついてくる。

私は、目の前の人を好きか嫌いかで仕事を受けるかどうかを決めているよ。合理的じゃないように見えるだろうけど、世の中は野生の王国みたいなものなんだからそれでいいと思うんだ。野生の動物も、毒は食わない。本能的に「嫌だな」と思う人と仕事をしても、意思疎通に時間がかかるしヘンなところに連れていかれるだけなんです。そのことはよくわかった。はじめはどんな人の仕事もうまくやろうとしていたけど、気が合わないやつには、こちらのしたいことは伝わらないし、結果的にいつもダメな仕事になってしまうと気づいたんだ。

本を読むことは、内容を記憶することじゃないと思うんですよ。とくにビジネス書を読むときは「なぜこの人はこういうことを考えたのか」「自分だったらどうするのか」を考えながら読んでいた。

かつては「東京」や「大企業」が発信する最先端の情報に従おうとするトップダウンの風潮が日本中を支配していたが、今は、一人ひとりが情報を発信するボトムアップの時代。東京にいると逆に感覚が狂い、自由な発想や大胆な挑戦がしにくい。

ページの先頭へ