大東隆行の名言|来てくれてありがとうございますという気持ちで接客する

このエントリーをはてなブックマークに追加

うちのいまのテーマは接客サービスの強化です。接客サービスを向上させるため、外部講師による店長合宿研修などを行っています。研修で、僕が強調するのは、お客さんに対する感謝の気持ちです。「ああ、お客さんが来てくれた。ありがとうございます」という気持ちで接客しろと言っています。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

企業理念が希薄化したとき、企業の命運は尽きる。

高級品市場は劇的に成長しており、収益率も高く、市場の潜在的な規模も大きい。超先進国は、上級セグメントを狙うべきです。日本企業は高品質、精密さ、上級サービスを届ける能力はあるのですが、ブランドや高級感の創出力に欠けており、技術的な強みを活用しきれていません。

プロは、ある種の才能を持っていたり、ある段階に至っていれば、いわゆるビッグデータにもとづいてものをつくったりしません。己を頼んで、自身の感性や経験値、そして好みにもとづいたものづくりをし、そしてヒットを飛ばすんです。

優れたリーダーといわれる方にお会いして感じるのは、状況がよく見え、的確な判断ができ、自分が今何をなすべきかを見誤らないということだ。混沌としている人がいない。経験と実績に裏打ちされた自信が体に漲(みなぎ)り、勢いがある。決断が早く、コミュニケーションに長け、声も強い。そうした精神の明晰さと身体的迫力が、人を惹きつける。部下やビジネスパートナーを「この人についていけば大丈夫だ」「この人と一緒に何かをなしとげたい」という気持ちにさせるのだ。

社長一人では発信力が限られます。役員にはみんな、社長のメッセージを社内に伝える「伝道師」役をしてもらいました。

斬新なアイデアを効率よく生み出すには、「斬新なアイデアを生み出そう」という考えを捨てること。

私の社長時代、取締役会で私以外は全員反対という案件もありました。そういう場合は当然見直しをして再構築ということになりますが、賛成と反対が拮抗するときは、社長が決断するしかありません。こっちで行くぞと。これはもうリスクテイク、チャレンジですよ。リスクテイクするのが、リーダーの役割です。

ページの先頭へ