大東隆行の名言|店長教育に重点を置く

このエントリーをはてなブックマークに追加

いくら餃子が美味しくても、料理が出てくるのが遅かったり、接客や店の雰囲気が悪ければ、お客さんは「なんだ、この店は」と思って来てもらえません。だから、うちの店長の役目は自分で中華鍋を振りながら、接客をし、部下の管理を行います。店舗運営の一切の権限を委譲しています。うちでは店長教育に重点を置いて、人間力の向上に力を入れています。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私自身の経験では、目の前の仕事を一生懸命こなしていくと、気が付けば、より大きな仕事、高い仕事を与えられる。

私も当初、仕事の楽しさが見いだせないでいたのですが、ここから抜け出せたのは、同僚のひと言が切っ掛けでした。彼は、「いかに早く仕事を終わらせられるか」を目標設定しているというのです。私は、単に仕事を終わらせることしか考えていませんでした。だから、仕事が単調な繰り返しになっていたのです。しかし、スピードを考慮すれば、一見、単調に見える仕事にも変化が現れます。これに気付かされてからは、本当に仕事が好きになりました。

供給者主体の仕組みを温存しようという時代は終わったのです。僕がいくら口をすっぱくして言っても、そういう世界になったことを信じようとしない、なんとか昔の世界を守ろうとする人たちもいます。でも、時代の大きな変化の中で、変わらずにいることは不可能なんです。

自分の考えだけで悩んでいる問は、前に進まない。もっと違った角度から見てみないと、ひとつの思考から抜けられないし、自分の成長を塞いでしまう。

与え続けることによって、最終的には自分も与えられる。まず与えるべし。

サラリーマンであれば社内でナンバーワンを目指す。それを達成したら業界ナンバーワンを目指す。そのことにより自分の価値が上がっていき、会社が手放したくない人材になれる。

外に出て調査ができないというのなら、近くにいる同僚や部下に聞いてみたってかまいません。「あれどう思う」と一声かけることで、新しい切り口が見つかるはずです。一番まずいのは、「消費者なんてこんなもの」と知ったかぶりや思い込みをすることなのです。

アンケートやユーザーヒアリングは、そう聞かれたらこう答えるだろうという、予定調和の部分があったりするので、現実とは違うことが多々ある。それだけに、鵜呑みにしない方がいい。

伊那食品工業でも、今より会社の規模が小さく、お金もなく、人員に余裕がなかった時期に、研究開発部門を設けて数人の社員を配置しました。その後、いつでも全社員の10パーセントの人員をそこにあてることにしてきました。これは寒天業界の見通しが明るくなかったため、危機感を抱いて始めたことではあります。しかし結果的に、寒天を原料とするさまざまなオリジナル商品を開発してきたことによって、当社は業界でナンバーワンの存在になれました。新しいマーケットを創出し、同業他社と競合することなく売上を伸ばし続けることができたのです。

どんなに風呂敷を広げても、それを実現したら詐欺じゃない。そうだろ。だからあたしは諦めない。

ページの先頭へ