宗次徳二の名言|お客様が第一

店のチェックのとき、店長がほかのお客様よりも、私に先にカレーを持ってきたことがあります。私は厳しく怒りました。お客様が第一。私に気を使ったりするような、間違った判断はいりません。

宗次徳二 の経歴

宗次徳二、むねつぐ・とくじ。カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する株式会社壱番屋の創業者。生後間もなく孤児院に預けられ、3歳の時に宗次家に養子に入る。高校卒業後、八重洲開発で数年間実務を経験し、大和ハウス工業に移籍。同社に3年在籍したのち、不動産仲介会社、CoCo壱番屋の前身となる「喫茶店バッカス」を開業。その後、不動産仲介会社を閉め、カレーハウス事業に集中し同社を日本屈指のカレーチェーンに成長させた。53歳で経営の第一線から退き、NPO法人イエロー・エンジェルを創設し、経営者育成や人材育成の活動を行っている

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業と技術の両輪で受注できるようになったことが、今の状況につながっている。

顧客を大事にしている会社、社員を大事にしている会社、そして社会性のあることをしている会社が継続的に成長し、発展していく。

お客が離れてしまったとき、上層部は「あれをしろ、これをしろ」と指示してくるはず。しかし、答えは必ず現場にある。お客の生の声、いわば心を現場はつかめる。そこに本当にテコ入れすべきヒントがある。

インフレは、とくに危険な見えざる敵だ。インフレのことなど予想だにせず、お金を貯めて株や債券、投資信託に分散投資するのが賢いお金の運用法だと信じている人々から財産を奪っていく。適切なファイナンシャル教育を受けていない人にとって、インフレは致命傷となりうる。

僕はいろんな人の注意や言葉との出会いにインスパイアされて生かされてきた。

その他大勢と自分を比べても益はありません。残念ながら、彼らはあなたにとっての成功例ではないのですから。

本当にダメな会社はダメです。一言で言うと、活気がない。活気がないから業績が悪いのか、業績が悪いから活気がないのか分かりませんが、当の会社の人に聞いてみると、一番の問題はそういう会社には、「ぶら下がり社員」が多いことです。それが会社の雰囲気を決めています。クビにできずに抱え込んでいるのです。

初めてプロの世界を経験した正直な感想としては、「しんどかった」ですね。アマチュアの時とは違って、年間を通して試合をしたのは初めてでしたから。その意味では、前年に1年間浪人をして、自主練習をした時間が役に立ったと思います。プロ入り後をイメージして、ひたすら準備をしていたんです。まず、自分の基礎を見直しました。体力作りからじっくりと取り組んだのです。

最初のフォロワーは過小評価されているが、リーダーシップの一形態なのである。最初のフォロワーが、ひとりのバカを、リーダーへと変える。

誰でも、ある程度自分の得意分野ができれば自信がつき、ますます前向きに仕事に取り組むようになる。自信こそが成長の源泉。本人の長所を見出し、楽しみつつ仕事に取り組んで自信をつけさせることが、後継者育成の第一歩。

ページの先頭へ