藤本秀朗の名言格言|企業は1回でも負けたら駄目

企業は一勝十四引き分けの論理です。企業というのは負けたら駄目。相撲だったら八勝七敗で番付からさがらない。ところが企業は八勝七敗より一勝十四引き分けの方がいいんです。たった一回の負けが命取りになる。

藤本秀朗 の経歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は戦略としては、自らがそういうプレーヤー(ソフト開発事業者)になるというよりは、インフラを押さえたいと。利は薄いかもしれないけれども、そのほうが浅く、広く、長くやっていける。しかも、圧倒的地位になれば、業界の成長にほぼ正比例して伸びていける。こういうことを思ったわけです。だから戦略を社名にまでコミットして、”ソフト何とかテクノロジー”とかじゃなくて「ソフトバンク」とつけたんです。途中で気持ちが揺れないように。

孫正義の名言格言|ソフトバンク起業時の戦略


危機を乗り切れるかどうかは、優れた人材がどれだけいるかによって決まる。経営のポイントは人材の教育にある。私は社内教育を優先した。毎年1、2名を留学させている。エリート人材が活躍するには、学閥は大変に障害となるので、大学の指定はしていない。今でも社員の出身校はバラバラである。

坂口幸雄の名言 格言|社内に学閥ができないよう採用時に気を配る


従業員は危険です。彼らはいつの間にか自分の仕事に対して「所有権」を持っていると勘違いするようになります。労使間の訴訟がこれだけ急増しているのを見れば、できるだけ少人数で利益をあげられる自分のだけの在宅ビジネスを目指すことが賢明だということは明らかでしょう。

ロバート・アレンの名言・格言|従業員を持つことの危険性


企業と社員の間に築かれた信頼関係ほど大切なものはない。経営者から正当な報酬を受けていないと感じた社員は、疎外されたと思うだろう。社員が経営者に不信感を抱くようになった途端に、その企業の将来は危うくなる。

ハワード・シュルツの名言・格言|社員の不信感は会社を窮地に立たせる


僕は日本語の自己責任と言う言葉は曖昧で好きではありません。日本語の自己責任は何か事が起こった場合、その責任を自分で取るという狭い意味になってしまっています。マーケットエコノミーでいう自己責任は、日本語の自己責任と言う言葉では十分に言い表せないと思います。

寺澤芳男の名言 格言|日本の「自己責任」という言葉は好きではない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ