藤本秀朗の名言格言|企業は1回でも負けたら駄目

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業は一勝十四引き分けの論理です。企業というのは負けたら駄目。相撲だったら八勝七敗で番付からさがらない。ところが企業は八勝七敗より一勝十四引き分けの方がいいんです。たった一回の負けが命取りになる。


藤本秀朗 の経歴

藤本秀朗、ふじもと・ひでろう。東証一部上場の家電・通信機器メーカーのユニデンの創業者。日本大学卒業後、ツルミ貿易入社、6年間実務経験を積んで独立しユニデン創業

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あたしはね、芸者とか銀座の女性っていうのは全然興味ないんですね。仕事に情熱燃やす女性っていうのがあたしは好きですね。

リーダーは哲学者、戦略家、心理学者、教育者、演出家の5つの顔を持つべきです。そして、部下を率いる際、それぞれのケースでそれぞれの顔を発揮してみんなの力を引き出していくのが理想。

日本の経営体制は、いずれも日本の文化、風土を背負った一人一人の人間によって支えられています。日本型経営の特徴ともいうべき、企業内組合、終身雇用制度、年功序列賃金制度などは、集団主義から自然ににじみ出ていた経済体制なのです。

規模を誇るより、中身を誇れる企業に。

貧乏暇なしっていう言葉がありますが、これは本当は、暇がないから貧乏っていうことなんです。不安を打ち消すために暇なく働くことによって、考える時間を失ってしまっているんです。経営者のやるべきことは、作業ではなく適切な判断。そのためには、考える時間が必要なんです。

私の言うことをごもっともですと言ってくれる人だけがパートナーではないと思います。違う考えをもっとる人間がおるから意味がある。我が社なんて言うのは会長みたいなことを言う人間がたくさんおる(盛田昭夫、もりた・あきお、ソニー会長、米国ソニーを成功させ世界展開を仕掛けた人物)

人生には四つの貯金というのがあります。第一に知識の貯金、第二に友人の貯金、第三に健康の貯金。そして、この三つの残高が大きくなると第四のお金の貯金が自然とできるものです。

ページの先頭へ