川村隆の名言・格言|自分の仕事は過去の批判ではなくこれからどうするか

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の仕事は、前を批判することではありません。この4月以降をどうやってやろうかということです。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様のその先のお客様まで思いをはせる。そして多様な分野に興味をもつ姿勢と意識。これが最も大事。

お客様に商品を買っていただくには、まず自分を「好き」になってもらうことが大切。

もちろん、シュートを外すことも多いですよ。瞬間的には落ち込みます。何でアレを外したんだとか、簡単なシュートだったのに、とかね。でも、悔やんでいてもしょうがない。引きずっていたら後のプレーに影響が出るので、そこは開き直りますね。

ヘッドハンターと2、3度接触するうち、トップマネジメントを求めていることがわかりました。結果的に「自分をさらに成長させてくれる滅多にない機会」と引き受けることにしました。レノボという会社の将来のポテンシャルを強く感じたのも、もうひとつの要因です。

失敗する勇気をもって挑戦しなくては、成功することもできないでしょう。

日本のビジネスマンの仕事が遅い原因は2つ。ひとつは、会社や組織としての意思決定のプロセスがまどろっこしいということ。決められないからスピードが遅い。もうひとつは、ワーク・ライフ・バランスを取るべきだという社会的なプレッシャーが弱いこと。だから、会社に残りダラダラ仕事をしてしまう。その二つの「合わせ技」で、仕事が遅くなっているのではないでしょうか。

独断するということは、自分一人が責任を負わなくてはいけないというリスクがあります。しかし、そのリスクを負ってでも、経営トップが決断を下さなくてはいけない場面がある。

ページの先頭へ