川村隆の名言・格言|時代とともに最適な経営戦略は変わる

このエントリーをはてなブックマークに追加

総合電機という方針は、悪くなかったと思うんですよ、当時としては。いろんなものが伸び盛りでしたから。一本足打法よりはるかによかったと思います。ところが、世の中が変わってきて、総合電機路線で並列運転をしていると、「これはもう事業をたたんだ方がいい」というのが、かなり早くから出てきているわけです。それに対する手当てが、遅かったとしか言いようがありません。
【覚書き|日立マクセルから呼び戻され、経営再建を託されたときを振り返っての発言。この後同社は構造改革でV字回復する】


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

心理的抵抗を乗り越える手段として、完璧主義を捨てることも有効です。最初から完璧な報告書を書こうとするから、やる気が出なくなってしまう。そうではなく、まずはどんなに雑でもいいから「第一版」を書いてしまう。これなら気がラクでしょう。当然、そのままでは上司に見せられないので、「これを見せたらどこをダメ出しされるかな」という視点で改訂していけばいいわけです。

経済は利用者のためにあるのであって、供給者のためにあるのではない。何か逆さまになっている。利用者のためにという視点に転換していかなくては。

海外戦略も強化する。ニューヨークに、M&Aに特化した投資銀行グループを立ち上げた。得意な地域・分野・商品に絞ってドミナント戦略を進め、勝てる領域を増やしていく。

天才は別にして、与えられた仕事をちゃんとやらないで不満ばっかり言っているような人は伸びません。どうしてもやりたいことがあるなら、起業するという手だってあるのですから。

お勘定は誘った方がするのが筋です。よって、私のようにほぼ毎日誰かとランチを実行していると出費はかさみます。しかし考えてみれば、ディナーなら1万5000円かかる店が、ランチなら5000円で済みます。先日、アメリカの有名投資家ウォーレン・バフェットさんとのランチを共にする権利がオークションにかけられ、落札価格は263万ドルでしたから、それに比べればリーズナブルなものです。

本音で対等な議論ができるようになると、事件(対立や葛藤)は必ず起こります。無理もありません。「この方針、変じゃない?」「そのやり方はおかしいんじゃないか」「そんなところに金を使うより、こっちに使うべきだろう」と、みんなが自由闊達に言い出しますからね。これはもう、侃々諤々のカオス状態。そこから事件が起こっていくわけです、ですから、事件がよく起こること、イコール、フラットな組織であることの証だと、私は歓迎しています。

コールド・ストーンでは採用の段階から徹底して経営理念を伝え、当社の価値観に共感できる人材のみを採用します。そのうえで大事なのは、店舗で実践している中で納得感が得られるかどうかです。経営理念とコアバリューを理解し、実践する。そしてお客様に喜んでもらう。実体験を通じて理念の正しさや重要性を改めて理解していくのです。このサイクルが回っていくと、おのずと働きがいが高まっていくのだと思います。

私は天災のためとはいえ、一度は東京の事業につまずきもした。また、血涙のにじむような経営苦にあえいだことも一再ならずあった。そして自身は生死の巷(ちまた)をさまよい、肉親の何人かを不慮の厄災に失っている。しかし、現在の私が、広く社会と諸々の人たちから数え切れぬほどの恩恵を受けて事業一筋に生きていける幸福を思うと、ひとしお感謝の念が湧いてくるのである。

私は1日に3~4時間しか眠れない。あまりにも仕事を愛しているため、私は朝起きて仕事に行くのが待ちきれない。

相手が本当に知りたいことや、相手が自分で対処するためのヒントになることを伝えることは、信頼関係を構築するうえでとても大事なことだと思います。

ページの先頭へ