川村隆の名言・格言|リスクに立ち向かうことができる人は、ほんの少ししかいない

このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に大きなリスクに耐え、立ち向かうというとき、その本質がわかっていて対応できるやつは、ほんの少ししかいないでしょう。


川村隆 の経歴

川村隆、かわむら・たかし。日本の経営者。「日立製作所」社長・会長、「東京電力ホールディングス」会長。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業後、日立製作所に入社。電力事業部火力技術本部長、日立工場長、取締役、常務、副社長、子会社の日立ソフトウェアエンジニアリング会長、同子会社日立マクセル会長などを歴任したのち、日立本社の会長兼社長に就任。世界金融危機によって7873億円という巨額な赤字を計上した同社を2年でV字回復させた。そのほか経団連副会長、東京電力ホールディングス会長を務めた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は、世の中にそれほど新しいものはないと思っているんですよ。私たちが新しいと思っていることは、その大半が、過去に先人たちが経験していることを若干変えたものです。過去の成功や失敗をふり返り、そこから何かを学びとることが、建設的な革新につながっていくと思います。

問題解決に関して「本質的な問題」と「単なる現象」を区別することが大事だ。たとえば、ある企業の収益が下がり続けているとする。その原因を分析したら、どうやら開発コストがかかりすぎて収益を圧迫しているということがわかった。それで開発コストを削減することによって解決を図ろうとした。よく耳にする話だが、こんなのは単なる現象への対症療法にすぎない。対症療法をいくらやっても本質的な問題が解決されなければ、また別の形で問題が出てくる。つまり、現象だけを相手にしていたら、いつまでたっても問題解決にはならない。

日本は世界と連動している。その世界はどんどん変化しています。だから、変化への対応の仕方が大事だし、そのスピードも大事。

「期限前に一気にやればなんとかなる」と思うのは失敗のもと。学生時代の一夜漬けや新人時代の徹夜仕事でうまくピンチを切り抜けた経験があったとしても、そうした瞬発力や集中力は年々落ちます。逆に業務内容は、キャリアアップとともに複雑になります。

スピード感は我々ベンチャー企業の強み。現地に直接トップが交渉に赴くことで、その場で意思決定ができる。

現在はエンタテインメント系やビジネス系など様々なオンラインサービスが出て来ているので、欲を言えば、そうした新しいものを一通り触っておきたいです。ユーザーにとって何がどれだけ面白く、それを手がける会社はどうやってマネタイズしているのかが、気になりますね。

当社でいう「新卒」は30歳未満を意味します。人生の選択肢は、大学を出てすぐ、22歳で就職することだけではないはず。卒業後、大学院でさらに勉強したり、ボランティアやNPOで活動したり、世界を放浪したり。いろいろな人材に集まってもらうため、ライフネット生命では、採用の際にも会社説明会やOB面接は行っていません。ホームページで告知し、入社希望者には字数無制限の論文を提出してもらっています。

手数料を1000億円払えば、9000億円が手に入る。あなたの私腹を肥やすためではない、会社のためです。そう言われて、心が動かなかったと言えば嘘になります。顧みて、手を出す、出さないは、実にきわどい選択だったと冷や汗三斗の思いです。しかし濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】

「自分のほうが立場は上だし、経験も豊富だから」と部下の話に耳を傾けようとせず、自分のやり方を一方的に押しつける人は、今の時代においてダメ上司でしかありません。上司の指示に従うのではなく、部下が自分の頭で考えて自由に動けるようになれば、モチベーションも成長速度も上がります。

家族の問題でどちらかが100%悪いということはありません。その立場でアドバイスさせていただいています。

ページの先頭へ