安藤百福の名言格言|値切りは恥ずかしいことではない

値切るのは男の仕事である。安く買うのが目的ではない。駆け引きが楽しい。取引は取ったり引いたりするものである。取り過ぎて相手を殺してしまっては元も子もない。無駄なお金は一円たりとも使ってはいけない。生きたお金なら惜しみなく使いなさい。

安藤百福 の経歴

安藤百福、あんどう・ももふく。日清食品創業者。世界で初めてインスタントラーメンを発明し産業化した人物。チキンラーメン、カップヌードルの発明者。台湾生まれ。立命館大学卒。太平洋戦争終結後復員し商売を開始。ある信用組合の理事長になってくれと懇願され就任。その信用組合が倒産し、無限責任のため全財産を清算に充てるはめになり財産を失う。唯一残った自宅の庭に研究所を立てインスタントラーメン開発を開始。以後、世界の食文化を変えた人物

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

子供向けプログラミング講座CA Tech Kids始めた理由は、日本の教育に対する問題意識が根底にあります。僕たち現場からすれば、圧倒的にプログラマーが足りないのに、なぜかどこもかしこも「英語人材」しか叫ばない。いいプログラマーが育てば、競争力のあるサービスを生み出し、そして新たな雇用を生み出します。今、明らかに需給のバランスが悪い。むしろ英語人材の方が使い道に困りますよ(笑)。

「お金がお金を呼ぶ」とはよく使われる言葉ですが、PB(プライベートバンク)の世界ではこれを少しひねり「お金持ちがお金持ちを生む」という言葉を使ったりしていました。お金持ちの子供はお金持ちになりやすいという意味で、単に資産があるからだけではなく、最も大きな要因は教育と考えられています。そのため、富裕層は国内のインターナショナルスクールや、英国やスイスなどのボーディングスクール(全寮制寄宿学校)に非常に大きな関心を寄せる傾向があります。

経済環境の変化の中で常に生き残っていくのが企業というもの。世界を股にかけてのさばり歩く人がどんどん出てきてほしい。

私は2000年から2010年というのは一つの節目になるだろうと考えていますが、この10年で日本社会が大きく変わるとすれば、もはやその4年目か5年目にきている。そういう風に理解した方がいい。それが達成された暁には、経済成長率が2.3%に戻り、失業率は3%ぐらいに落ちるという強い日本が戻ってくるに違いない。

社長就任を打診されたとき、自分の時代の社長の役割を考えるために、まずは歴代の社長がどんな経営をやってきたのか、帝人の歴史を振り返ることから始めました。

嫌いな人がやった事実だけをノートに書くことをおすすめします。たとえば嫌いな上司がいつまでも帰らずに嫌だと思ったら、「うざい」と書かずに、「今夜は10時までいた」と客観的事実だけを書きます。こうすることで感情に簡単に引きずられなくなり、嫌いな相手とも淡々と接することができるようになるでしょう。

「仕事に厳しく、部下とのコミュニケーションが苦手」と自覚するリーダーは、自分と逆のタイプの部下を補助役に使うのが一つの方法です。

四つの単語でできた言葉の中で、最も高くつくものは「今度ばかりは違う(This time it’s different.)」である。

カリキュラムが終わった後に隣接するテクニカルセンターに入れてもらって、夜遅くまでデータを分析してました。例えば1周のラップタイムでは僕が勝っていても、僕のほうが遅い区間とか場所が必ずある。まだ詰められる余地があるんですよ。それを細かく洗い出して、次の走行のときには少なくとも同じスピードに乗せるっていう作業をずっとやっていました。

【覚え書き|鈴鹿サーキットレーシングスクール時代を振り返って】

自分の都合でスケジュールを決められないという人も多いでしょうが、それでもスケジュールをコントロールすることを諦めてはいけません。たとえば仕事を上司に頼まれたとき「ちょっと待ってください、いまやっている仕事が終わってからでいいですか?」と言えるだけでまったく効率が違う。ひとつの仕事を中断して別のことをやると、元の仕事に戻るときに手間がかかることはよくありますから。

ページの先頭へ