福岡伸一の名言・格言|生命は常にいまの自分を壊し、再構築する

人間の体内でたんぱく質が合成される方法はただ一通りなのに、逆に分解される方法は10通り以上あります。生命にとって、なぜ分解=壊すことがそれほど大切なのでしょうか。この世界がエントロピー増大の法則に支配されているからです。秩序あるものはすべて摩耗し、酸化し、ミスが蓄積して障害が起こり、無秩序の状態になっていきます。この不可避の流れに抗するために、生命がとったのが自らを常に壊し、再構築するという自転車操業的な在り方でした。

福岡伸一 の経歴

福岡伸一、ふくおか・しんいち。日本の分子生物学者、農学博士。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業、京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究室ポストドクトラル・フェロー、ハーバード大学医学部ポストドクトラル・フェロー、京都大学食糧科学研究所講師・助教授、京都大学大学院農学研究科助教授などを経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授、青山学院大学総合文化政策学部教授。そのほか、ロハスクラブ理事なども務めている。主な著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』『生命と食』『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ

ページの先頭へ