福岡伸一の名言・格言|ほとんどの現代人がかかる病気

ほとんどの現代人が同じ病気にかかっています。一定時間におけるパフォーマンスの最大化を目標にする考え方です。一日、一週間単位でノルマを決め、着実に実行することはビジネスで成功するためには欠かせないことかもしれませんが、生命現象を観察している立場から申し上げると一片のむなしさをそこに感じてしまいます。

福岡伸一 の経歴

福岡伸一、ふくおか・しんいち。日本の分子生物学者、農学博士。東京都出身。京都大学農学部食品工学科卒業、京都大学大学院農学研究科食品工学専攻博士後期課程修了。ロックフェラー大学分子細胞生物学研究室ポストドクトラル・フェロー、ハーバード大学医学部ポストドクトラル・フェロー、京都大学食糧科学研究所講師・助教授、京都大学大学院農学研究科助教授などを経て、青山学院大学理工学部化学・生命科学科教授、青山学院大学総合文化政策学部教授。そのほか、ロハスクラブ理事なども務めている。主な著書に『生物と無生物のあいだ』『動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』『生命と食』『プリオン説はほんとうか? タンパク質病原体説をめぐるミステリー』など。

こんな名言はいかがですか?新着 名言

名言レコメンド
このボタンクリックすると、おすすめ名言が表示されます。

ページの先頭へ