細谷功の名言・格言|短期目標は完璧にする必要はない

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標は最初に全体を見通して、最終的にはこうしたいという長期目標を決定し、次にそれに沿って短期目標を決める。短期目標は最初から完璧に詰めてしまう必要はありません。空欄があってもとりあえず手を付け、できるところから潰していくという発想でよいのです。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

声の大きさは別にして、怒ることは大切だと思う。それを改めて教えてくれたのは、イトーヨーカ堂の伊藤(雅俊)名誉会長だった。実はそれまで、一流企業の経営者というのは、あんまり感情的に話したりしないものだと私は思っていた。ところが15年前、伊藤会長に初めてご挨拶にうかがったとき、そのイメージが根底から覆された。社員に向かって真剣に怒鳴る伊藤会長の姿を見て、「経営者は気取る必要なんてない」と確認できた。

ロジックのみで組み立てた話は、確かにわかりやすいけれど、面白くはありません。それでは相手に一目置かれるまでにはなれません。そこで私も、話に必ずストーリー性を持たせるようになりました。

いざ実践となると、やはり学校で学んだ英語だけでは不十分です。私もアメリカ赴任当初はネイティブの話す英語が聴き取れず、電話が鳴るたびに恐怖で体を固くしていました。そこで私は、ラジオの英語を徹底的に聴くことにしました。昼間に車で移動するときはもちろん、仕事を終えて家に帰ってからもずっとニュース専門チャンネルを流しっぱなしにしておくのです。そうすると同じニュースが何度も繰り返されるので、最初はわからなくても2度3度と聴いていると、だんだん耳が慣れてくる。そうすると少しずつわかるようになってくるのです。

ホンダは目標台数必達のために何かする、というアプローチではなく、お客様に喜んでもらえる商品を極めれば、結果として台数がついてくるという考え方だった。それは今でも変わっていない。

機能的価値とは、商品の技術的な数字や仕様によって表せる価値のこと。モジュール化や標準化が進んだことで新規参入が容易になり、商品の仕様や機能の高さだけでは、すぐに他社に模倣されてしまい、差別化ができなくなりました。機能的価値だけでは、過当競争にさらされ、利益に結びつきにくくなったのです。

必ず成功する方程式は存在しません。もしあるとしたら皆が真似をし始めてしまいます。しかし、「遅刻をしない」「勤勉に仕事をこなす」「迅速に行動する」「正直である」これを実践できない事業は必ず失敗するとわかっています。

今は簡単な料理が喜ばれるけれど、一つ二つ手間をかけることも大切だと思う。この形、この厚さに切るからこそ、見た目が美しくなり、おいしさにつながる。そういうポイントはきちんと伝えていきたいですね。

ページの先頭へ