細谷功の名言・格言|完ぺきを求めることは時間の無駄

このエントリーをはてなブックマークに追加

完ぺきを求めるのは悪いことではありませんが、必要以上の作業は貴重な時間の無駄遣いといえるでしょう。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

おまえたちは何も成し遂げていない。俺も何も成し遂げていない。だから、一緒に大きなことを成し遂げようぜ。

考えに考えて夜も眠れないこともあります。トップであれば、それは仕方がないと思っています。

慎重をモットーにするような人は、見込みがある。頻繁な転職を喜ぶのは斡旋会社だけだ。その点を包み隠さず、正直に伝えたからこそ、多くの支持を頂けたのだと思う。

外国人と話すときは、米国人や英国人とラテン系の方々では、相手の発言が終わってから自分が発言するまでの「間」が異なったりします。そうしたことに対する理解が大切です。

日本人というのは本当に優秀です。現場の人は同じことを二度とやりません。常に改善を考えている。当社の社員達も自分がいいなと思ったことを随時提案し、より良いものを早く組み付けができるように日々改善する努力が自然と身についています。

常に旅館の新しい形を追求し続けることが、加賀屋のブランド力を高めることにつながる。

人とまじわってゆくには、老いた人を親のように思い、若い人を弟のように思うがいい。また、幼い者を子と思い、粗末に扱ってはならない。また、自分よりも若く幼い者を弟のように思えといったとしても、決して無礼な振る舞いをしてはならない。過ちを許す心を持っていとしめ、という意味だ。

ページの先頭へ