細谷功の名言・格言|仕事では、顧客の期待値を確認しておく必要がある

顧客など相手のある仕事の場合は、目標設定を行う際に、相手の期待値を確認しておく必要があります。100点を目指すのはいいとして、自分が100点と思っているレベルが、相手にとって20点であったり、300点であったりするのは珍しいことではありません。方向性のベクトルが間違ってしまっているケースも少なくないでしょう。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ケンカしたらダメ。ときに我慢することが大事。それが戦術というものです。

伊藤直彦の名言|ときに我慢することが大事


一切皆苦という仏教の根本原理があります。人間の心と体を通じて知覚できる刺激は「苦」という感覚だけ。苦の量が増減するだけという考え方です。その苦が減じた状態を脳が勝手に情報処理して「快」と錯覚させる脳内物質を分泌します。欲望が満たされたり、目標が達成されたりすると、脳の神経回路が刺激され、快感物質のドーパミンが大量に発射される。それで「気持ちいい」と感じますが、神経には負荷がかかっていますので、苦なのだと申せるでしょう。

小池龍之介の名言|人間が感じられるのは苦の感覚だけ


今後、我々は一国単位ではなく「世界」という大きな経済共同体の中で戦っていかなければいけない。それには世界における拠点やブランド力が不可欠。したがって外国企業の買収とは、次世代や次々世代が活躍するために打っておかねばならない、大事な布石ということができるのだ。

藤森義明の名言|次世代、次々世代のために布石を打つ


テレビや雑誌の取材も積極的に受けました。とにかくホッピーの魅力、上手な飲み方、おいしい店などを伝えることに注力しました。ホッピーの三代目として私が広告塔になると腹をくくったのです。

石渡美奈の名言・格言|社長自ら広告塔になる


日本人は地位が高くなればなるほど働かなくなるとよく言われる。平社員から係長、課長、部長、取締役と位が上がっていくということは、だんだん神様に近づいていくんだ、という考え方だからである。神様に近づくのだから、次第に楽になるのは当たり前。会社にはゆっくり出てきてよろしい、秘書が持ってくるコーヒーをソファでゆっくり飲む、昼間からゴルフに行くというように、平社員のできないことが重役にできるのは神様に近づいたためである。日本は重役天国といわれるが、これが続く限りは外国との競争に打ち勝つことは難しいような気がする。

盛田昭夫の名言・格言|偉い人ほど働くなくなる日本


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ