細谷功の名言・格言|ダメな会議の典型的な例

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメな会議でよくあるのは、「○○の報告」などの議題に代表されるように、そこで最終的に何がしたいのかという目的が共有されていないパターンです。合意をとりたいのか、単に状況を共有したいのかが明確になっていない。これでは時間ばかりが取られ、結局は何も決まらなかったということになりかねません。


細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

自分たちの都合で、物事を進めるのではなく、「お客様目線で考え、行動する」。社長、役員を含めた全社員が、日々の業務の中でこのポリシーを貫き通す。これが今後ともお客様から信頼を獲得し続ける唯一の道、と確信しています。

指示待ち社員が絶対にダメかというと、そんなことはありません。むしろ指示を忠実にこなしてくれる社員はありがたい。

仕事でミスやトラブルを起こしたときの報告は一刻も早いほうがいい。経営者や管理職は、常に“バッドニュースファースト”を求めます。時間がたってしまうと、「なぜもっと早く報告しなかったのか!」と怒りの火に油を注ぐ結果になってしまいます。上司が席にいれば間髪を入れずに、どんなに遅くとも半日以内には何らかの方法で伝えてください。

細かいところにいろいろと気づくことも大切です。学生のころからみんな、いろいろなアルバイトをすると思うけれど、「バイトだから言われたことをそのままやります」ではなくて、たとえばレストランだろうが、もっとここをこうすれば作業がスムーズになっていくとか、そういうことをボーっとしないで考えるようでないと、上には行けないですよね。

バンダイとナムコの経営統合に際しては、対等合併と持ち株会社を作ることにこだわりました。私がバンダイの社長になる前、バンダイはセガとの合併を試みたことがあります。バンダイの社員はセガに吸収されることを恐れ、結局は破談となりました。同じ失敗を繰り返したくなかった。

自らを正しく認識することは、人を理解する第一歩です。考え方の違う者同士が尊重し合うということはそういう基本があってこそでしょう。

私はかつて、オリジナルの子供服ブランド「トンカワールド」の立ち上げに関わりました。残念ながら成果が出ずに6年で撤退しましたが、当時培った商品の開発・販売ノウハウが、自販機カプセルなどその後に多角化した事業の成長に役立ったことも多い。

ページの先頭へ