細谷功の名言・格言|ダメな会議の典型的な例

ダメな会議でよくあるのは、「○○の報告」などの議題に代表されるように、そこで最終的に何がしたいのかという目的が共有されていないパターンです。合意をとりたいのか、単に状況を共有したいのかが明確になっていない。これでは時間ばかりが取られ、結局は何も決まらなかったということになりかねません。

細谷功 の経歴

細谷功、ほそや・いさお。日本のコンサルタント。神奈川県出身。東京大学工学部卒業後、東芝を経て、アーンスト&ヤング・コンサルティングに入社。製造業を中心に、製品開発、マーケティング、営業、生産等の領域の戦略策定、業務改革プランの策定・実行・定着化、プロジェクト管理、ERP等のシステム導入などを行っている。主な著書に『地頭力を鍛える』『いま、すぐはじめる地頭力』『「WHY型思考」が仕事を変える』『象の鼻としっぽ』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社にとって売上高3000億円はジャンプしたら届く目標です。いまの商品・サービスメニューだけだと大変ですが、常に新しい商品、サービスを考案しながらお客様にご提案し、なんとか達成したいと思います。

チャンピオンとして勝ち続けなければならない。ただ、必ずしも僕が勝つことを喜ぶ人ばかりではない。泣く人もいるんです。でも、それでいいじゃないですか。人の喜怒哀楽を引き出せる、プロレスっていいなと思います。

「初心忘るべからず」という言葉があります。この言葉、現在でもよく使われるのですが、世阿弥の伝えたかったニュアンスとは異なる使われ方をしていることがあります。「初心忘るべからず」とは、何か物事を始めようとした時の原点の気持ちに戻るということではなく、「未熟だった自分がおかした失敗やミスを忘れてはならない」「いかに己が未熟であるかを、常に自覚しておかなければならない」という戒めの意味なのです。

利益は結果にすぎない。正しい経営を続けていれば、利益は必ずついてくるものだ。

異国と我が国は風俗や言葉の違いはあるけれども、天より授かった本性には変わりはない。それを忘れて異なるところを不思議がったり、欺いたり潮ったりはいささかもしてはならない。たとえ向こうがこの道理を知らなくとも、我々は知らずにいてはならない。

何でもいいからとにかく頑張れと言っても、当然のことながら部下はついてきません。相手は人間です。私はまず、部下本人にとって、その仕事に取り組むメリットは何か、どうしたら本人のやる気を引き出せるのかと考えます。そのスタッフは出世欲や名誉欲が強い人なのか、あるいは報酬が高ければいいのか、それとも、ただその仕事が楽しいかどうかなのか。それは千差万別です。

脳は騙されやすい性質を持っています。最初は楽しい気分ではなくても、ニコニコしていると、脳がそれに引っ張られて楽しい気分になる。これを顔面フィードバック仮説といいます。

ひとつの時代が終わったら、次の時代が来るのが世の常。

仕事も、無心で取り組むことができたとき、「守破離」の「離」に達するのではないでしょうか。

人間社会には、人望の大小軽重はありますが、人に当てにされるような人でなければ何の役にも立ちません。

ページの先頭へ