内藤忍の名言・格言|情報はアウトプットを意識しながら集めると効率がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ずっと使える印象的なひと言も用意しておくといいですね。「○○の話をしていた人だな」「いつも○○の話をする子だな」と憶えてもらえる。これは、スポーツ選手の得意技と同じです。たとえば柔道の選手で、一本背負いが得意技だとする。一本背負いに持ち込めたときには当然勝てる。同時に、相手が一本背負いを警戒しているからこそ他の技を決めやすくなることもある。同じように、コミュニケーションにおいても得意技を準備しておきましょうということです。

粘り続けてやることも、ひとつの「やってみなはれ」。

私は右から左へとすぐに間に合う重宝な男ではなかったと思うが、不思議なことに、いざというときに一種の動物的な総合カンが働くようである。そのおかげで、今日までどうやら大道を見誤らずにやってこられたと思っている。

若いころ、会議の場で社長や副社長と怒鳴り合いの議論になることもしばしばありました(笑)。まだ私が平社員だったころ、ある提案を会議に持っていったときに、常務から何度もダメ出しされるといったことがありました。おそらく常務も、私がどれだけ本気なのかを試そうとしていたのだと思います。でも3回目も4回目も否定されるんで、こっちも頭に来て、「若い人間の意見を全否定するような会社では働けません。家に帰ります」といって、本当に翌日から会社に来なくなったんですね。そうしたら、一週間くらいして常務から電話があって、「あの案件、やらしてやるから会社に出てこい」と。

私は心理学など信じていない。私が信じるのは良い手だ。

私が社長に就任して以来、本当にいろいろなことがありましたし、今回のような地震(東日本大震災)も起きました。今後も様々なことが起きると思いますが、そういう時にどう柔軟に対応していくか、自分の肌で感じていくかということが、一番大事なことなのかなと思っています。

なあ、きみ。4セントを誤魔化そうとする男が、ビジネスで成功すると思うかい?思わんだろ。
【覚書き|フライドチキン1枚販売につき4セントをカーネルに支払うというフランチャイズ契約をしたとき、フランチャイズ店側の経営者にカーネルが言った言葉】

ページの先頭へ