内藤忍の名言・格言|情報はアウトプットを意識しながら集めると効率がいい

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

呼吸法では呼吸をコントロールしますが、マインドフルネス瞑想では、呼吸をコントロールしません。マインドフルネスでは、「呼吸の質」ではなく、「注意の質」を大切にします。息を吸ってお腹が膨らむときには、その膨らむ感覚に気づき、息を吐いてお腹が縮んでいるときには、その縮んでいる感覚に気づくようにします。瞬間瞬間の呼吸の感覚に意識を向け続けることで、「注意力」が養われ、集中力が持続するようになります。

吉田昌生の名言|瞬間瞬間の呼吸の感覚に意識を向け続けることで、「注意力」が養われ、集中力が持続するようになる


論理と合理性を否定するものではないが、それだけでは人間社会は荒廃する。形と情緒を加える必要がある。

藤原正彦の名言|論理と合理性だけでは人間社会は荒廃する


お客さまがこうしたほうが嬉しいんじゃないかということを、いつもやってきた。

下村朱美の名言|お客さまがこうしたほうが嬉しいんじゃないかということを、いつもやってきた


北米では営業マーケティングやファイナンスを含め、しっかりとサポートをする人たちがインフラとして整備されていることが挙げられます。ベンチャーキャピタルもそうですが、新しいアイデアをビジネスにして広めていくためのサポーターの力がすごいということです。

鵜飼裕司の名言|米国では、新しいアイデアをビジネスにして広めていくためのサポーターの力がすごい


私にとってノートパソコンは旅行に欠かせないものですが、それが登場したときは、「この機械からは手書きの喜びは得られない」と考え、手を出しませんでした。パソコンを受け入れるためには、慣れ親しんだ紙とペンの質実な感覚から自分を引き離す必要があった。

ロベルト・シンヤシキの名言|変化するには慣れ親しんだ感覚から自分を引き離す必要がある


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ