内藤忍の名言・格言|情報はアウトプットを意識しながら集めると効率がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

情報はランダムに集めたところで、何かの形になるわけではないのです。情報収集そのものは重要ですが、仕事の中でアウトプットを意識しながら集めていく方が、はるかに効率がいいでしょう。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何か革新的なアイデアで営業成績を良くできないか、と毎日思い悩んでいるよりも、コツコツと改善をすることが結果的には近道になる。

ビジネス英語は、文法を覚えるのが目的ではなくコミュニケーションの道具として活用することにある。そうであれば文法の精度は7~8割で十分。なるべくリアルなシチュエーションを頭の中に描きながら勉強するのが大切で、電話会議やテレビ会議など機会があれば積極的に話してみることです。

目の前の好都合こそ正しく、幸せにつながると勘違いしている人たちは、好都合の条件ばかりにとらわれてしまう。だから、世の中全体が自分勝手になってきたわけです。

思い返せば、僕の30~40代は欲深かったですね。もちろん、今もそうではありますが、今以上に仕事に貪欲でした。29歳でテレビ朝日を辞めて、フリーになりました。もっと売れたい。有名になりたい、モテたい。そんなことばかり考えてギラギラしていました。

難しい状況になっても、「ここで諦めたら負けやろう!」とか、現状に納得いかなければ「見返してやる!」というふうに、燃えてくるものがある。

初対面で「売りたい」ばかりが前面に立つと当然、印象は悪くなります。どれだけ「相手のため」を思えるかが問われるところです。

1日の最後にその日の行動を振り返り、改善を重ねれば、段取り力は短期間で大きく向上します。私は1日の仕事時間の10%を計画と振り返りに費やしても惜しくないと実感しています。ぜひ実践してみてください。

全く予測がつかないことが世の中では、歴史的に繰り返し起こってくる。それは、イノベーションによって、新しい商品が市場投入された場合だ。

言い過ぎた場合、その場で謝れば、事が大きくなる事態を未然に防げる。

クチコミマーケティングは手作り感がないと成功しません。

ページの先頭へ