内藤忍の名言・格言|苦手な仕事は細かくして先にやる

苦手な仕事を後回しにすると、嫌な気分を長く引きずり、他の仕事にまで影響を与えかねません。そうならないためにも、苦手意識のある仕事は細切れにして、さっさと手をつけましょう。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あえて失敗せよ。世の中が激しく変わっている時代、現状を守るだけではダメ。そんな人間がはびこる組織は、やがて潰れてしまう。だから失敗を恐れずどんどん新しいことにチャレンジしてほしい。

酒巻久の名言|あえて失敗せよ


くさって、辞めようと思った時期もありました。しかし、弊社の会長が言っていた、「どんなに崖っぷちに立たされたとしても、実際に淵まで行くと、縄梯子や階段があるかもしれない。まずは自分の足でそこまで行くべき。何もなかったら、そのとき考えればいい」という言葉に支えられました。駄目だったらそのときはそのとき。とにかくやれることをやろう、と。

青木孝憲の名言|辞めようと思ったとき支えになった言葉


君の説明はさっぱりわからない。だから価値がある。
【覚え書き|部下が上げてきた新規事業の提案に対する返答】

島田精一の名言|君の説明はさっぱりわからない。だから価値がある。


僕は一休という会社を未来永劫、残していきたいと考えたんです。僕がやっても、そこそこ成長したと思う。でも、ヤフーさんの方が資金も人材もトラフィックもある。会社の未来を冷静に考えると、そっちの方が生き残る確率が高まると考えたんです。
【覚え書き|一休をヤフーに売却したことについての発言】

森正文の名言|生き残る確率を高める


小手先のテクニックを駆使しても人は助けてくれません。重要なのは、「助けてあげよう」と相手に思ってもらえるような、人間的な魅力があるかどうかなんです。

小倉広の名言|重要なのは、「助けてあげよう」と相手に思ってもらえるような、人間的な魅力があるかどうか


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ