内藤忍の名言・格言|付き合う人の基準は「楽しいから」でいい

このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合う人は単純に「楽しいから付き合う、楽しくなければ付き合わない」という基準で決めています。楽しいというのはひとつの価値なので大切にしたいと思いますし、たとえ役に立つ話を教えてくれても、一緒にいるのが苦痛であればその関係は続かないでしょう。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

肯定的な思考習慣が身についている人は、「会社のため、家族のために頑張る」といった「使命感」を持っています。そして、周囲への感謝の気持ちを忘れません。自分を幸せにするためだけの努力は燃え尽きますが、他人を幸せにするためなら、いくらでも頑張れます。

私は単に「変わり者」になればいい、といっているわけではありません。あくまでも、最低限のビジネススキルは身につけたうえで、天邪鬼的に自分の差別化分野を探してほしい。ひと言でいえば、「実力派天邪鬼」を目指してもらいたいのです。

社員たちに「仕事と関係無い場面でも横柄にしてはいけない」と繰り返し話しています。全ての社員が感じ良く振る舞えば、その出会いの先に縁が結ばれてゆき、ビジネスの繁栄がある。

説得型コミュニケーションは、大量宣伝によって自分の価値観に相手を従わせようとするものです。ところが、人々の価値観が多様化してくると、それでは同じ価値観の人しか説得することができません。対して共感型コミュニケーションは、相手の価値観を取り入れ、味方づくりをすることにより、成り立ちます。

相手を動かしたいのであれば、相手が動きやすい環境を作ってあげることが大切です。そのために自分は何ができるかを考えるとよいでしょう。

勤倹貯蓄を遂行することは、人生の必要事項であり、また成功を得るための一手段である。

企業経営者は「ヒトが大事」と口を揃えます。経営計画・経営目標を達成するためには、必要な人員を揃えてモチベーションを上げていかなければならないからです。それをきちんとできる人事の管理者が出てくるのであれば、その人が経理を押さえたうえで管理本部長に上がってもおかしくありません。

ページの先頭へ