内藤忍の名言・格言|付き合う人の基準は「楽しいから」でいい

付き合う人は単純に「楽しいから付き合う、楽しくなければ付き合わない」という基準で決めています。楽しいというのはひとつの価値なので大切にしたいと思いますし、たとえ役に立つ話を教えてくれても、一緒にいるのが苦痛であればその関係は続かないでしょう。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

あいまいな表現は仕事上の能力まで疑問をもたれる。それで評価を下げている人が多い。

福田健の名言|あいまいな表現は仕事上の能力まで疑問をもたれる


会社が何をビジョンとして掲げているのか、何を理念としているのか、思いを一緒にしてもらえるかが重要です。弊社の場合だと、「アジアでナンバーワンのインターネットプラットフォームカンパニーを目指す」というビジョンを繰り返し話し、共有してもらっています。

家本賢太郎の名言|ビジョンを繰り返し話し、共有する


会社だけで運営していると、どんなに金を出してやっていても文句が出るものです。自分たちの仲間が一枚かんでいるとなれば、そうもいかない。
【覚書き|社員食堂の運営について語った言葉】

藤沢武夫の名言|従業員に一枚かませることの大切さ


トラブル発生を恐れて組織を締め付けるのではなく、発生後にいかに適切に対応するかが肝心。

安斎隆の名言|発生後にいかに適切に対応するかが肝心


思索ででてきたアイデアや戦略、修正点は、メモに書きとめるようにしています。アイデアは突然いろいろなところで浮かんでくるのでメモ帳と鉛筆は、お風呂場やベッド、台所やトイレなどあらゆる場所に常備しています。書いたメモは破ってポケットに忍ばせ、必ず後で大きなノートにカテゴリー別に書き込みます。

佐藤康博の名言|メモをいたるところに置いておく理由


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ