内藤忍の名言・格言|継続のコツは手帳に記録すること

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも3日坊主で終わってしまうという人は、持続するための仕組みをつくることから始めるとよいと思います。私の場合は、手帳に記録することがその役割を果たしています。毎日体重を量って記録する、ピアノを練習した時間を書いておく。ふとしたことでやる気をなくしても、手帳にある過去の記録が目に入ると、これだけ続けてこれたのだからもう少し頑張ってみようという気持ちになれ、逆境にも強くなります。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私自身、学生時代は野球に打ち込んでいたので特別な教育を受けたわけでもなければ、英語もできなかった。しかし、P&Gに入社してからは、すばらしい先輩に恵まれ、常に難易度の高い案件を与えてもらいました。そうした環境に育ててもらった結果、いまがあると思っています。

規模のメリットもグループ効果のひとつです。健全な中堅生命保険が集まり、保有契約高は60兆円を突破。国内生保では唯一の上場会社として、大手生保の一角を占める存在が出てきました。保有契約も優良契約が多く、非常に中身もいい。

社内で部下や同僚と話すとき、最もコントロールが必要な感情が、自分の中の「怒り」や「責め」の気持ちです。例えば、「あいつがしていることは、ろくなことではないだろう。本当に困ったヤツだ」といった「責め」の気持ちがあれば、何を言われてもすべてネガティブにとらえて聞くので、相手が言っていることの正当性がわからなくなってしまいます。そのため、相手に対して「責め」の気持ちで話を聞くのは、判断ミスに繋がります。逆に、自分が猛烈に嬉しくて有頂天になって浮かれていると、部下が持ってきた深刻な話が耳に入りません。

私が家業を継いで、将来、福島県一の食堂にしたいと夢を描きました。30歳になったときに会津に6店舗目を作りました。当然、会津では一番数の多い食堂になりました。しかし、全くの素人発想で店舗数を増やしたわけですから、うまくいくわけがない。同じ業態の店舗を会津内に作ると自分の店舗同士で競合してしまうと危愼した私は、中華料理、喫茶店、カレー屋、ラーメン専門店と業種の異なる6店舗を作ってしまったのです。その結果、全く管理ができなくなりました。原料費も違えば、人件費も違うのですから。

私は部下に対して「会社を踏み台にしなさい」とよく言っていました。それはなにも会社を軽視せよということではなく、「職務履歴書を飾る材料を遠慮なく会社からもらいなさい」という意味です。「お給料だけもらっているんじゃ損だよ」というのも同じ意味なのですが、せっかく働いているのですから、報酬と福利厚生を与えられているだけで満足してはいけません。自分の履歴書にしっかり書けるような仕事を同時に獲得していった方がいいに決まっています。

興味を持ち続けるためには、同じことに取り組むにしても、新しいことや違うことを見つけ出そうと心がけることが大切。

採用には力を入れていて、とにかく面白い奴を採る。ヒットアプリをつくるには人とは違う視点を持つことが重要です。彼らが能力を最大限発揮できる環境を整えることが、魅力あるゲームにつながると信じています。

ページの先頭へ