内藤忍の名言・格言|継続のコツは手帳に記録すること

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも3日坊主で終わってしまうという人は、持続するための仕組みをつくることから始めるとよいと思います。私の場合は、手帳に記録することがその役割を果たしています。毎日体重を量って記録する、ピアノを練習した時間を書いておく。ふとしたことでやる気をなくしても、手帳にある過去の記録が目に入ると、これだけ続けてこれたのだからもう少し頑張ってみようという気持ちになれ、逆境にも強くなります。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

トップが話し合おうという姿勢を見せれば、現場の人は自分の意見を持っていますから話してくれます。昔のようにトップにものが言えない時代ではありませんから、トップと社員の一体感は比較的容易に築けるし、一緒になって考えることはできると思います。

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。

何かを決断するときというのは、決断を下す前の状況も大きく影響しますね。焦って自分の中に閉じこもっていると独り善がりな決断になってしまいますが、リラックスした状態で客観的に状況を判断できる心持ちになっていれば、決断がいい方向に動きます。

人に何を言われても、「絶対にお客様のためになる」と確信できるなら突き進めばいい。常に自分が最高だと思えるものを提供していく努力を続ければ、結果で証明できるもの。

読書は非常に古くからある人間の営みですが、急激な時代の変化にともない、読書の意味も変化してきたと感じます。いまの時代は、ただひとりで情報を得るだけではなく、それを発信し共有して、より大きな効果を得ることができるのです。

感謝される人になるには、自分から感謝できる人間にならないといけません。

私は若い連中がやっているのを手助けしていただけ。変化を起こすのは若い人たちだというのは、いつの時代でも同じ。

管理職は未経験の仕事に取り組まなければなりません。そのとき、「どんなことをしてでも達成しよう」と思う執念は欠かせませんが、同時に、自分の考え方ややり方に執着してもいけません。

鮭は数千個の卵を産むが、帰ってくるのは2匹。

当時、まだ小さかった東レインターナショナルに移籍になったときは、やっぱりショックでした。もともと寝つきがいいほうなのですが、一年間くらいは寝られなかった。妻を心配させてはいけないと思って、毎晩、狸寝入りをしていました。でも、このまま落ち込んでいたら身体まで壊してしまうと思い、「東レインターナショナルをナンバーワンの子会社にしてやる。いや、親会社よりも大きくしてやる」と考えを変えました。そこから、仕事が面白くなりました。小さい会社から始めてM&Aを繰り返し、ついには親会社が射程に入るまでに成長させることができました。

ページの先頭へ