内藤忍の名言・格言|継続のコツは手帳に記録すること

いつも3日坊主で終わってしまうという人は、持続するための仕組みをつくることから始めるとよいと思います。私の場合は、手帳に記録することがその役割を果たしています。毎日体重を量って記録する、ピアノを練習した時間を書いておく。ふとしたことでやる気をなくしても、手帳にある過去の記録が目に入ると、これだけ続けてこれたのだからもう少し頑張ってみようという気持ちになれ、逆境にも強くなります。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本では、人前でお金の話をするのはタブーだと考えられている。そのため、欧米のように子供たちが教育の場でお金について学ぶ機会もほとんどない。お金には人格があって良好な関係を築いていかなければならないのに、悪しき習慣が邪魔をしてコミュニケーション不足に陥り、結果としてお金に嫌われてしまっている日本人がたくさんいるように思う。

松居一代の名言|お金には人格があって良好な関係を築いていかなければならない


日本はしょうもない競争をやっています。誰かと比較したうえでの競争をやらせる。このクラスで誰が一番かと。この競争の最もいやらしいところは、必ず隣り近所を相手に競争させることです。遥かに超えた人間とは競争させないのです。

マルセ太郎の名言|隣り近所と競争するのではなく、遥か上の人と競争する


19歳の時からオーナーとして当社を経営してきて、モノ作り、営業、管理……と、私は常に会社全体を見てきました。だから、「全体最適化」がまず先にあり、その前提で「部分最適化」を考える癖がついています。

大山健太郎の名言|「全体最適化」がまず先にあり、その前提で「部分最適化」を考える


バルミューダを創業する前、バンドを組んで音楽をやっていました。会社を経営し、ものづくりをしていると、ミュージシャン時代の経験がいまにつながっていると感じることが多々あります。音楽もものづくりも「クリエイティブ」という点ではまったく同じ。表現の手段に違いがあるだけです。

寺尾玄の名言|ミュージシャン時代の経験がいまにつながっている


自分の老後を「見える化」するには、まず今の月間生活費を割り出してみてください。そこからローン支払いや諸費用など老後に不要になる費用を差し引くと、ご自分の老後の生活費が見えてくるはずです。その金額と将来もらえる年金支給額が釣り合っていれば、むやみに不安になる必要などないのです。

大江英樹の名言|自分の老後を「見える化」してみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ