内藤忍の名言・格言|仕事を要領よくこなすコツ

ものごとは最初から全部を完ぺきにやらなくてはいけないと思うと、気が重く感じられてなかなか手が付けられないものです。学生時代、テストのためにシェークスピアを原文で200ページ読まなくてならないことがありましたが、要領のいい友人を見ていると精読などせずパッパとページをめくって、重要と思った個所に線を引きながらとにかく最後まで読んでしまう。翌日と翌々日も同じことを繰り返し、最終的に3回線が引かれたところがヤマと判断してそこだけを勉強していたのです。ヤマが当たるとは限りませんが、これならおっくうさが軽減されるし最初に全体を見通すことができるので自ずと優先順位が決まっていきます。仕事でも幅広く応用できる方法です。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

知らないということは何ら恥ずかしいことではありません。それよりも、分からないことを放ったらかしのままにする方が恥ずかしい。もっといけないのは知らないのに知ったかぶりすること。

稀音家義丸の名言|分からないことを放ったらかしのままにする方が恥ずかしい


頭で結論を書きましょう。メールを読む方は結論を早く知りたいのです。そこに余計なことが書かれていると、わざとらしく姑息な感じがするものです。最後に「断る」という思い事実を突きつけられれば、気持ちはさらに下向きになります。今後の関係もギクシャクしてしまうでしょう。そうではなく、メールの最後では気持ちを上向きにさせて終わりたいのです。

浅野ヨシオの名言|断りメールは冒頭に結論を


困難そうに見える相手でも、熱意を持って依頼すれば動かせます。同時に、何事も一生懸命考え熱意を持って行動すれば、大人社会に対しても変化を起こせると知りました。この手紙の成功体験から得た考え方は私の精神的な柱のひとつとなり、のちの起業にもつながりました。
【覚書き|中学生時代、校長先生に水泳部をつくってほしいという手紙を出したことを振り返っての発言】

笠原健治の名言・格言|熱意は人を動かす


お客様により付加価値を感じていただけるような「武器」をいろいろ仕込んでいます。ひとつはLINEで保険金請求が3分で可能なサービスを5月から始めました。ペットの診療は少額・高頻度が特徴的で、保険金請求の手間の軽減は、契約者の利便性を高めるカギとなります。併せてLINEユーザーであれば誰でも利用可能な「お問い合わせサービス」も同時に開始しています。

野田真吾の名言|お客様の手間を減らすことは利便性を高めるカギ


簡易に作られたものでも、紙に書かれた企画書でイメージするのと、実際に形になって手で触るのとでは、まったく印象が異なります。企画書の段階では気づかなかった矛盾や問題点が明らかになったり、想定していなかった使い道が見えてきたりすることもあるでしょう。偶然の発見がいくつも起こります。

小山龍介の名言|プロトタイプをつくってみる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ