内藤忍の名言・格言|仕事を要領よくこなすコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ものごとは最初から全部を完ぺきにやらなくてはいけないと思うと、気が重く感じられてなかなか手が付けられないものです。学生時代、テストのためにシェークスピアを原文で200ページ読まなくてならないことがありましたが、要領のいい友人を見ていると精読などせずパッパとページをめくって、重要と思った個所に線を引きながらとにかく最後まで読んでしまう。翌日と翌々日も同じことを繰り返し、最終的に3回線が引かれたところがヤマと判断してそこだけを勉強していたのです。ヤマが当たるとは限りませんが、これならおっくうさが軽減されるし最初に全体を見通すことができるので自ずと優先順位が決まっていきます。仕事でも幅広く応用できる方法です。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長の仕事は、会社の幹を作ること。その幹を太くしたり、枝葉を茂らせるのは社員の仕事。そのためには、社員がいちいち社長の顔色をうかがわなくても、自分の思いと考えで動ける組織にすることが大事だよね。

雑貨の製造卸業が順調に伸び、「余裕のあるうちに何か新しいことをしなくては」と考えていたときに、たまたま訪れた韓国で、日本ではあり得ない安さでメガネが売られていたのを見ました。いろいろ調べてみると、日本のメガネ業界は、メーカーや販売店が非常に高い利益を得る半面、顧客は品ぞろえや納期、そして何より価格に不満を持っていることがわかりました。これらを解消すればビジネスになるのでは……。そう思ったのが、「JINS」を始めたきっかけです。

あるとき取材で「一番好きなビジネス書は」と聞かれ、ヘーゲルと答えて驚かせたことがある。弁証法は、完璧に理論的であると同時に実用的だ。これはビジネスでも応用している。テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼは、ルーセント・テクノロジーでも、ヒューレット・パッカードでも有効だった。

自分の願望を満たすには、まずは「ギブ&ギブ」で相手の願望を満たしてあげる必要があるのです。そういう人の周りには、やはり、ギブ&ギブを厭わない人が集まり、運のいい人脈を形成しています。

陳腐化しても、圧倒的な価値を新しく加えることができれば、ブランドは甦る。

社内には「ミセス・アンケート」と呼ばれる、アンケート分析の担当者がいます。彼女にお客様のおしかりの声を分類してもらっています。

常々言っていることは「脱皮しない蛇は死ぬ」、つまり自己変革を続けなければならないということです。

ページの先頭へ