藤沢武夫の名言・格言|あなたは技術屋の本田になるのか、社長の本田になるのか

私は技術屋じゃないから、どっちが正しいか返事はできない。ただ、あなたは技術屋の本田になるのか、社長の本田になるのか聞きたい。こんなことを言うのは初めてだけど、私も言いだすと聞きませんから。そのときはお別れします。
【覚書き|本田宗一郎と若手技術者が、4輪車のエンジンを空冷にするか水冷にするか言い争っているのを見て言った言葉】

藤沢武夫 の経歴

藤沢武夫、ふじさわ・たけお。日本の経営者。「ホンダ」社長CEO(最高経営責任者)。本田宗一郎のビジネスパートナーとしてホンダの成長を経営面から支えた経営者。技術開発は本田宗一郎が担当し、経営は藤沢武夫が受け持つという二人三脚でホンダを世界的企業へと成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

有価証券で飯を食っていては、地域のための信組などとは言えません。そこで有価証券の売却を断行したのです。実現損が発生して赤字になることは明らかでしたが、過去と決別して生まれ変わるために、あえて赤字からのスタートを選んだのです。

小野澤一成の名言|過去と決別して生まれ変わるために、あえて赤字からのスタートを選んだ


人は年をとると感性が鈍るとともに、表情をつくる筋肉が硬くなり、笑わなくなってしまいます。仏頂面と決別するには、鏡を見て表情をつくること。歯磨きをするときに自分の顔を見て表情筋を鍛えてみてはどうでしょうか。

佐藤綾子の名言|仏頂面と決別するには


死はグッバイではなく、シー・ユー・アゲインなのです。天国でまたお会いしましょう、というしばしのお別れです。

日野原重明の名言|死はグッバイではなく、シー・ユー・アゲイン


私が社長になったころから多角化路線とは決別し、当社の強みを生かせる事業に経営資源を集中させました。その結果、小型液晶ディスプレーやインクジェットプリンター、眼鏡用累進焦点レンズなど世界一の製品がいくつも生まれました。

安川英昭の名言・格言|多角化とは決別し、強みを生かせる事業に経営資源を集中させる


経営には一層の工夫が必要。工夫の決め手は自前主義からの決別と、外の良いものを取り入れる柔軟性。

森口隆宏の名言|工夫の決め手は自前主義からの決別と、外の良いものを取り入れる柔軟性


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ