藤巻幸夫の名言格言|人間が3人以上集まればチーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間が3人以上集まれば、それはもうチームであり、そのチームで何かを始めるときには必ずリーダーを必要とする。たとえば子供たちが遊ぶ時は誰かが「野球しよう」などとやるべきことを決めなければならない。ものごとがとどこおりなく進むようチームをまとめることがリーダーの仕事と思っている人もいるかもしれない。むしろそれは管理者(マネジャー)の仕事だ(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)


藤巻幸夫(藤巻幸大) の経歴

藤巻幸夫、藤巻幸大、ふじまき・ゆきお。日本の実業家、バイヤー。上智大学経済学部経営学科卒業後、伊勢丹に入社。同社で名物バイヤーとして活躍した。その後、足袋・靴下・ストッキングメーカーの福助の経営再建に携わる。また、セブンアンドアイ生活デザイン研究所社長なども務めた。債券・為替・株式トレーダーの藤巻健史を兄に持つ。兄とともに藤巻兄弟社を設立。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ