大東隆行の名言・格言|商売には変えていけないもの、変えていいものがある

このエントリーをはてなブックマークに追加

商売には変えてはいけないものと、変えた方がいいものがあります。手作り感、オープンキッチン、食材の鮮度、安さ、美味さ、グランドメニュー(メインのメニュー)については変える気はありません。しかし、それ以外は店長の判断に任せています。和食や洋食を出してもいいし、セットメニューをつくってもいい。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

莫大な額の損失を被らない限り、定期収入のあるビジネスマンは、長期的な視点に立つことで短期的な損失を取り戻すことができます。そのためにも、30代や40代の早いうちから投資を始める必要があるのです。

「人の行く裏に道あり花の山」とは、千利休が読んだとされる句です。私が会社経営で大切にしている言葉です。花見の時期、山の大通りには人だかりができている。しかし、主道から少しそれると、人混みに邪魔されずゆっくりと美しい桜を楽しめる。「付和雷同するのではなく独自の道を歩みなさい」という意味だ。これは経営にも当てはまる。

部下にもいろいろなタイプがいる。何も言わなくてもどんどん仕事をする人もいれば、性格的にひねくれた人もいる。どうしてもウマが合わないタイプもいるだろう。だがどんな部下でも、一人ひとりが貴重な戦力である。

経営者の役割は、すべてのステークホルダー(利害関係者)を守ることです。社会的責任を果たしつつ、同時に従業員も株主も守らなければならない。事業を守ることも大事です。

現代は日本に限らず、人類は助け合うという「衆の世界」から「個の世界」に移ってまいりました。自分だけが今の「快」「心地よさ」「好都合」を追求していれば幸せというふうに勘違いしている。いくら追求してもそこに幸せはない。

藤田社長(藤田晋・サイバーエージェント創業者)のような、IT系のベンチャー企業の社長の成功は、時代の波にうまく乗ったからだとか、時代が味方したからだなどと評されることが多いが、彼らの努力と勉強量は圧倒的だ。彼らの成功の背後には、膨大な経験と知識の蓄積、つまり価値の蓄積があるのだ。

人材として困るのは、仕事の選り好みをしたり、自分の専門性に拘泥して、仕事の入り口を限定してしまう人です。

ページの先頭へ