大東隆行の名言・格言|会社組織は、お客さんが一番上に居て、社長は一番底辺にいる

このエントリーをはてなブックマークに追加

結局、飲食業は人です。人がやる気になったら行動は変化します。経営者がやることはその動機付けです。よそは社長が一番上にいるピラミッド組織ですが、うちはまったく逆。お客さんが一番上にいて、次が従業員、業者やフランチャイズがいて、底辺にいるのが僕です。経営者は主役とは違います。主役はあくまでお客さんです。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

悩む暇があったら、目の前の仕事に全力で取り組もう。

上手くいくかわからないことを人にやらせるのは辛いことですが、それがリーダーシップです。

まず基本を押さえることが重要。基本的なことがわかっていなければ、結局身につかない。やはり基本は大事。

「四手を離す」とは、敵も自分も同じ気持ちで張り合う状態になっては、戦いは決着がつかないということである。張り合う状態になると思ったら、すぐに戦法を変え、別の手段で勝つことを知るのである。

私の家族は北海道にいます。私は東京と北海道を行ったり来たりの生活をしていますが、北海道と東京を比べると「東京だから教育費がかかる」のではなく、「東京には教育にお金をかけなくてはいけないと思っている親が多い」と感じます。教育費は投資であり、それができない親は子供に対して申し訳ないと思っているのです。しかし、はたしてそうなのでしょうか。子供にお金をかけすぎると、子供の金銭感覚もズレてきます。

日本人は休みすぎだと、私は考えています。私が新入社員だったころは、もっと厳しい環境にありました。休日は少なく、1日の勤務時間はいまよりずっと長くハードでした。私がこう強調するのも、次のように考えているからです。単なるサラリーマン、つまり自分の会社の中でしか通用しないアマチュア・レベルの人材から、プロフェッショナルなビジネスパーソンに脱皮するには、ハードなトレーニングが絶対に欠かせない、と。

重心を低くキープできるようになったというか、打たれ強くなりました。怖いものがなくなりましたね。40くらいで人生折り返し、なんてよく言うけど、スゴロクじゃあるまいし、折り返してどうするんだよって思うんですよ。
【覚書き|40代になった感想を聞かれての発言】

凡人は昔の自慢話をする。しかし、天才は昔の自分に興味がない。

不況下で人員削減が進み、どこの組織も人手不足です。管理職も自分の業務をこなしつつ部下も育成するプレイングマネージャーにならざるを得ません。とすると一人の統率力で成果を出すより、チームの力を最大限に引き出すことが不可欠です。周囲を見回す視野の広さ、フォローと言ったシマウマ型の能力が必要だと思います。

自分ですべてをやらないと気が済まない人は仕事をたくさん抱え込む傾向が顕著です。だから、どうしても期限が先延ばしになるし、決断が鈍って仕事が停滞する時間や、残業など自己犠牲の時間も増えます。

ページの先頭へ