大東隆行の名言・格言|各店に裁量権を与え工夫をさせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

王将は一号店から店については店長の自主性に任せています。だから、店によって出すメニューが違います。よその外食チェーンは本部がこれを売りなさい、あれを売りなさいといった管理をします。しかし、何でもかんでも本部が決めてしまったら、店が工夫する余地がなくなります。それはよくありません。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社の方針転換は、もう百回でも二百回でも同じことを社員に言い続けるしかないですね。「これからは規模ではない。利益重視だ」「ターゲットは、20歳から34歳の、とくに女性に絞り込め」と。

内からの勝利か、さもなくば外からの圧倒的な死か。

モノづくり中心の工業化社会では、欧米のモデルを学び、そこに日本的なきめ細かさを付加することによって、十分キャッチアップする(追いつく)ことができました。しかし、モノよりも知的価値が優先される知識社会に入ると、そういう手法で米国を乗り越えることはまず不可能でしょう。とにかく、知的価値の高いベンチャー企業を育てる環境に彼我の差が大きすぎます。

物事は、先を読み、皆が気づく前に発見することが大切。そのセンスを養うためには、常に独創的で人真似ではないものに触れることが必要不可欠。

「日本人はみんなそうなの?」と、僕も韓国の女性に言われたことがあるし、自分も「韓国人って」と言いそうになったことがある。でも、「国」でひとくくりにできるようなことなんてないんですよね。

実はあるエグゼクティブなリーダーが私と面談したおりに、自分の10年間の実績を語り、自己PRしたことがありました。しかし、私は一秒で断りました。どんなにすばらしい実績があっても自分の理念と合わなければ活躍してもらうのは難しいと判断したからです。

過去、現在、未来の区別は、どんなに言い張っても、単なる幻想である。

ページの先頭へ