大東隆行の名言・格言|不況でも好成績なのは原点を重んじ努力してきたから

このエントリーをはてなブックマークに追加

王将は安いだけの店とは違います。手作りにこだわり、それぞれの店は店長の裁量に任せています。そして、オープンキッチンにして活気あふれる店舗にしている。どれも昔からやってきたことで、うち独自のやり方です。原点を重んじて努力してきた結果が不況でも好成績となっているのでしょう。


大東隆行 の経歴

大東隆行、おおひがし・たかゆき。日本の経営者。餃子の王将社長。創業者加藤朝雄の義弟。大阪出身。関西経理専門学校中退後、薪炭・氷販売業を行ったのち、義兄の創業した王将1号店に入店。営業本部長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。同社を大証一部に上場させた経営者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。

休日なら時間があるからたくさん書けるかというと、そうでもないのです。時間がたっぷりあると思うと、つい気を抜いてしまいがちです。日中に別の用事があったり、出かけなければならなかったりするので、朝は時間が限られています。そのために集中できるという側面もあると思います。

経営再建計画「Vプラン」が出来上がったとき、部課長連中に任せず、自分で現場の製造員のところを回りました。そこでしっかりと「Vプラン」の意味を説明しました。そして、「TOTOという会社は先輩たちのおかげで蓄積がある。わかりやすくいえば貯金があるから、こんな状況がたとえ10年続いてもつぶれない。そのかわり、いまのままでは絶対に強くならないから、革新するぞ」と、各現場で宣言して回りました。

商品が売れない場合、一方的に部下を叱責してはいけません。一緒に議論しながら思い込みを取り払い、売れない原因を突き詰めていく。時間がかかりますが、実は問題解決へ向けた一番の近道であることが多い。

技術的に優れているだけでは、優れた発明ではない。他人が欲しがる技術が優れた発明なのだ。つまり重要なのは、有用性だ。有用性を持った発明をつくりださなければならない。

事業展開のスピードが上がり、業域も拡大するなかで、イチから人材を育成するのでは間に合わない。今年の正月に家で考えを巡らし、決意して、休み明けに指示を出しました。人材をヘッドハンティングして、営業ルートも買う方針を固めたのです。アメリカ、ヨーロッパ、中国は、それなりの人材が揃っていますが、今後はアフリカ、東欧、ロシア、インド、ベトナム、インドネシアなどの新興国がビジネスの対象です。これらの国々では、イチから営業所、販売ルートを開拓していくのでは間に合いません。

教養や学力というものを語るうえで、「好奇心」は大切なカギとなります。それを大人になっても持ち続けることが、教養を高めるためにもっとも重要だと言っていいでしょう。

ページの先頭へ