渡邉美樹の名言・格言|はじめは小さい夢でいい

低次元な夢でいいのだろうか、という心配は無用です。はじめは小さな夢でも、それをクリアしようと進むうちに、次々に新しい夢が湧きあがってきます。まずは歩きはじめることで大きく成長するのです。

渡邉美樹 の経歴

渡邉美樹、わたなべ・みき。日本の経営者。居酒屋チェーン「和民」などを運営する「ワタミ」創業者。神奈川県出身。父の影響で経営者になることを決意し、明治大学商学部卒業後、経営コンサルティング会社に入社し経理の仕事を学んだ後、開業資金を貯めるため佐川急便のセールスドライバーを経験。1年間で開業資金300万円を貯め、渡美商事(のちのワタミ)を創業。居酒屋チェーンつぼ八のフランチャイズ店のオーナーとなり外食産業に参入。その後、和民を核としたグループに成長させた。同社は農業、介護、教育などの分野にも進出た。そのほか、学校法人郁文館夢学園理事長、岸和田盈進会病院理事長、育再生会議委員、神奈川県教育委員会教育委員などを務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性に多いのが、自分が頼まれているのに苦手なことは他人に押し付け、おいしいところだけ持っていき、ちゃっかり、ぬくぬくとしている社員です。厄介なことにこのようなタイプは役員などのウケがよく、評価も意外と高いのです。ですから上司も強く批判できません。しかし、そのままでは職場の雰囲気は悪くなり、仕事を押し付けられ責任を取らされた人のモチベーションも下がります。目立つものの、少しきつい仕事を与えて自分の壁を認識させるなど、勘違いに気づかせる必要があります。

田北百樹子の名言|他人に仕事を押し付けるタイプの社員への対処法


海運業は1980年代半ばに、見捨てられた産業とまでいわれたわけですが、その時期に学んだのは、業界全体が横並びで同じことをやっていてはダメだということです。

芦田昭充の名言|業界が衰退した時期に学んだこと


ハズレを知るからこそアタリが見えてくる。そして、アタリだったことを深掘りして学んでいけばいい。

俣野成敏の名言|ハズレを知るからこそアタリが見えてくる


相手に聞き返してみましょう。意見を求める人は、たいてい自分の中に答えを持っているもの。それを引き出して少し自分の意見をプラスすれば、まるで自分が答えを提案したように見えます。

菊原智明の名言|意見を求める人は、たいてい自分の中に答えを持っている


金銭を崇拝する人間は、自分自身の努力を通して、あるいは自分自身の活動の中に幸福を得ようとする望みを、捨てた人間である。

バートランド・ラッセルの名言|金銭を崇拝する人間


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ