内藤忍の名言・格言|運用に成功している人の共通点

運用に成功している人に共通するのは、いい銘柄を嗅ぎ分けるセンスなどではなく、几帳面に続けていることです。老後にかかるお金について、漠然と不安がるより、とりあえず5000万円必要、といったように具体的に書いてみることで目標ができ、次にとるべき行動が見えてきます。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

護送船団方式は駄目なんです。弊社だけでなく、業界全体が駄目になってしまう。いまは、我が社を含む大手3社が三者三様の考え方で経営していますが、これは業界にとって非常にいいことだと思っています。

芦田昭充の名言|護送船団方式は業界全体を駄目にする


新宿の伊勢丹は、元々は駅から遠かった。駅から遠いので、とにかく自分たちのお店にしかないもの、他と違う商品開発をするというDNAが歴史的にある。

大西洋の名言|駅から遠いので、とにかく自分たちのお店にしかないもの、他と違う商品開発をするというDNAができた


すぐに、簡単に学べるものなどありません。どんな学びも繰り返しが大事。「早いうちから、ずっと学んでいる人には勝てない」と考え、学びたいことがあったら、今すぐ始めてください。

田久保善彦の名言|どんな学びも繰り返しが大事


お客様第一。お客様の無理を聞き、高品質な製品を安く、早く納める。そうすれば必ずお客様は来る。それに社員達が応えているわけです。特に、よそが絶対に真似のできない短納期がトップシェアの一番の理由でしょうね。

梅原勝彦の名言|よそが絶対に真似のできない短納期がトップシェアの一番の理由


会社でもプロ野球のチームでも、無論政党でも、成功したり勝ったり政権を握ろうとすればまず最初にあるべきは「ビジョン」だ。「ビジョン」というのは曖昧な英語なので、何となく分かったような分からないような言葉なのだが、「ビジョン」は分かりやすく言えば「この指とまれ!」だ。「私(たち)はこんなことを実現したい。しかし、1人や2人ではできない。だからココロある人はこの指とまれ!」なのだ。良い「ビジョン」には良い人が集まる。

松本晃の名言|「ビジョン」とは「この指とまれ!」


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ