内藤忍の名言・格言|運用に成功している人の共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加

運用に成功している人に共通するのは、いい銘柄を嗅ぎ分けるセンスなどではなく、几帳面に続けていることです。老後にかかるお金について、漠然と不安がるより、とりあえず5000万円必要、といったように具体的に書いてみることで目標ができ、次にとるべき行動が見えてきます。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

つまらない話を眠くならずに聞く方法があります。それは、「質問をする」こと。口に出して質問せずとも、頭の中で考えるだけでも自然と緊張感が生まれ、眠気が抑えられます。状況によりますが、積極的に会話に運んでいけば、眠くなることはありません。

できるだけ早い時期に、自分で手を挙げてリーダーのポジションに就き、多くの失敗を経験しておくことが大事です。そして、会社員のうちにその失敗を乗り越える胆力を鍛えて、人格的にも成長しておくことが大切です。最後は「人間力」なのです。起業し、ひとたび経営者になれば、そこは自己責任の世界。もうあなたを守ってくれる会社や上司はいないのです。給料日に、誰もお金を振り込んではくれません。

今、課題と思っているのは人材です。我々がリタイアするときに、後継として20人ぐらいのリーダーがいないとダメ。そういう人たちを育成していきたいですね。

日本企業の間接部門の生産性が低いという議論がありますが、それは個人の能力の問題ではなく、例えば経理にしても、日本では自前のソフトウェアを作り、きめ細かくやっており、人が入れ替わると仕事にならない。一方、アメリカはERP(統合型ソフトウェア)を導入して多くの会社が業務を共通化し労働移動を容易にしている。

人生は「七転び八起き」です。70年の来し方を振り返っても、私は直面したピンチに幾度となく耐えてきました。

制度を設計する際には、個々の参加者が設計者の知らない私的な情報を持っていて(=情報の非対称性)、その情報を生かしつつ参加者自身にとって得になるように振る舞ってくる(=利害の不一致)、という点に注意することが重要です。

ノートは高校時代からつけていて、いろいろな使い方を試してきました。何十年もの試行錯誤の末に行き着いたのが、「一冊のノートを常に持ち歩き、そこにすべて書き込む」というごく単純な方法です。テーマ別にノートを使い分けたり、メモを持ち歩いてあとでノートに転記しようなどと手間のかかる方法を選んだりすると、1か月で挫折します。アウトプットを前提に、焦って意味を求めようとするのは、土地を耕さずに収穫だけ急ぐようなもので、結果的に自分が痩せてしまいます。

松下電器の綱領や信条、七精神を唱和するのが、宗教がかっていて抵抗感がありました。3年経ったら大きな声で言うようになりました。唱和する内容に対して、「本当にその通りだ」と思うようになったのです。なかでも「利益というのは求めるものではなく、社会奉仕をした報酬が結果として利益になる」という教えは、漫画家になってからも守っています。

死ぬときは、仕事の最中であってほしい。

私が子供の頃、母が「算数で100点取るも、100メートル走で1番になるも、絵が上手に描けるのも、ピアノが上手なのも同じよ」と話してくれた。世間には物差しがいくつもあることを教えてくれた。

ページの先頭へ