内藤忍の名言・格言|得意ではない仕事は少しずつやる

このエントリーをはてなブックマークに追加

講演の資料を作成するのは、私にとってあまり得意じゃない仕事です。一気にやろうとすると嫌になってしまうので、この時間に下書きをしよう、というふうに少しずつ進めておきます。すると、一回ごとに小さな達成感が得られ、先が見えてくるので、苦手な仕事でも不思議と苦ではなくなるんです。


内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性の方の多くは、女性であることをハンディキャップに捉え、自分の言い訳の材料に使ってしまっているんですよね。ただ私の私の経験上、女性であることは何もハンディキャップになりませんでした。

人間の心理は慎重になりやすく、合議に頼りすぎると、リスクを伴う決断がしにくくなる。

偉業を成し遂げるリーダーは、壮大なミッション(使命)を持っています。ビジネスパーソンの場合、「自分がこの世に生かされている理由」「何のために働くのか」といったことを考え、自分のミッションを再確認してください。

私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。

いまの税制はとにかくわかりにくい。統治機構にしても社会保障の仕組みにしても、わかりにくいことで役人の仕事が増え、役人の数はどんどん増えるんです。

汚れ役こそ、演じがいがある。会社が苦しかったときに、こういうときこそ、演じがいがある。二枚目は誰でもできますからね。

三菱重工はよく「機械のデパート」と言われますが、単に数多くの技術や製品を持っている「デパート」ではありません。国や社会が必要とする製品だけをつくっています。国を含め、顧客から「必要ない」と言われたものは撤退していいでしょう。逆に「必要だ」と言われれば、飽くなき修練を重ね、大きなリスクをとってでも挑戦する会社です。

ページの先頭へ