内藤忍の名言・格言|得意ではない仕事は少しずつやる

講演の資料を作成するのは、私にとってあまり得意じゃない仕事です。一気にやろうとすると嫌になってしまうので、この時間に下書きをしよう、というふうに少しずつ進めておきます。すると、一回ごとに小さな達成感が得られ、先が見えてくるので、苦手な仕事でも不思議と苦ではなくなるんです。

内藤忍 の経歴

内藤忍、ないとう・しのぶ。日本の経営者。マネックス証券系列会社の金融教育会社マネックス・ユニバーシティ社長。東京大学経済学部卒業後、住友信託銀行に入社し10年にわたり為替ディーリングをはじめ、各種金融商品による運用業務に従事する。MITスローン・スクール・オブ・マネジメントにてMBA取得。シュローダー投信投資顧問で債券と国際分散投資担当のファンドマネジャーを務める。マネックス証券設立に共鳴し同社へ移り商品開発、資産設計などを担当する。各種資産運用セミナーで個人投資家へのアドバイスを行っている。主な著書に『内藤忍の資産設計塾シリーズ』『こんな時代を生き抜くためのウラ「お金学」講義』『高校生にもわかる「お金」の話』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

年齢なんて気の持ちようでどうにでもなる。

モノが余り、消費が飽和した時代には一店一店の質が問われます。それには個別に手を打っていかなければなりません。A店とB店とでは周囲の環境も、顧客の数も、競合状態も全部異なります。平均値と比べて高いから大丈夫だ、低いから上げなければならないといった発想ではいつまでたっても店は良くなりません。はじめに平均値ありきではなく、個別に質を高め、結果として全体の平均値が高まっていくという発想が大切なのです。

その場の空気を読んで不要なこと、失礼と思われることを言わない日本のやり方は世界では通用しない。遠まわしな表現も通用しません。賛成なのか反対なのか。自分の立場を明確にしてから討論をする。これを習慣化する必要があります。

挑戦すること、責任感を持つこと、そして人のために汗を流すリーダーシップの精神を培い、知恵を養うこと。これらは大学の一つの教育理念として、今日まで、明治の伝統になっています。企業の方々からも、明治の卒業生は「任せると責任を持ってやる」という評価をいただいていますが、それも、こうした伝統があってこそだと感じています。

これまでに2000~3000種類のパンを食べたと思います。その感想を書いたノートだけでも膨大なものです。

企業にとって真の社会貢献は人材育成。お客様の真の欲求に応えたいと奮起する人材を多数輩出することこそが、地域にとっての最大の誇りになる。

大切なのは推敲。小説であれ、会社の業務であれ、ひと呼吸置いて、客観的な視点で俯瞰すべきですよね。推敲によって質は高まり、その繰り返しが、結果的にスピードを加速することにつながる気がします。

それまではファイル・バインダー専門メーカーであることを強みとしていたのですが、オフィスの電子化が進む中で文具の市場縮小が危惧されていました。ならば電子機器にチャレンジしようと。
【覚え書き|テプラ開発のきっかけについて】

辛抱や我慢ができないのは、自分が本当にやりたいことをやっていないからだろう。子供だって、親からこれをやれと強制されたら、すぐに嫌になるけど、自分からやりたいと思ったことなら、苦しくてもそう簡単にやめないよ。

私は佐賀にいるころ、自宅から一町ほど離れた八坂神社に出かけては、いつも考えに耽っていた。社殿の裏は、こんもりとした森である。森の緑に頭を休めながら、いろいろとマークやスローガンを考えた。

ヒラであろうと部長であろうと社長であろうと、またどんな部署に所属しているとしても、相手の信頼を得ていい関係を築くためには、自分のポジションをまっとうするのが第一歩だと私は思います。

チャンピオンは責任を背負っている。ボールがネットを越えて来るとき、私がそのボールを必ず取るつもりだということを、誰もが信じてくれていい。

チャンスは備えあるところに訪れる。

ページの先頭へ