高橋克徳の名言・格言|褒めることは気恥ずかしいが、部下を褒めてあげる

このエントリーをはてなブックマークに追加

褒めるのは気恥ずかしいし、苦手な人は多いものです。でも「よくやったね」「いつもありがとうな」と言葉に出して褒めることは大事です。仕事の厳しさを伝えながらも、焦らずに今の仕事をちゃんとやろうと教え、他の人と比べなくても君にはいい点があると伝え、失敗しても見捨てないから諦めるなと言ってあげることです。


高橋克徳 の経歴

高橋克徳、たかはし・かつのり。日本のコンサルタント。神奈川県出身。一橋大学大学院商学研究科修士、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得。野村総合研究所、ワトソンワイアットで企業の組織・人事コンサルティングの実務を経験。その後、日本のコンサルティング会社ジェイフィール設立に参画。同社の執行役員として企業改革支援、人材育成、組織改革などの研修やコンサルティングを行っている。主な著書に『潰されない生き方』『明日から部下にイライラしなくなる本』『職場は感情で変わる』『人がつながるマネジメント』など。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

前後の記事

新着Tweet


おすすめ名言


ページの先頭へ