加藤進の名言・格言|部下を叱るときに必要な3つの資質

部下を叱るときは、指導する側に、君に育ってほしいという「愛情」と「熱意」、そして、この人がここまで真剣に言ってくれるのだからと相手が納得するような「人格」が必要です。

加藤進(住友商事) の経歴

加藤進、かとう・すすむ。日本の経営者。住友商事社長。神戸大学経済学部卒業後、住友商事に入社。大阪入社鋼材貿易部、米国住友商事を経て、本社薄板貿易第二部副部長・部長、鉄鋼第二本部副本部長、人事総務グループ長、取締役、コーポレート・コーディネーションオフィサー、常務、専務、米国住友商事社長、米州総支配人、本社副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

外出先から帰宅する場合には、それに先だって、使いの者をやるがよい。それでないと、急に帰られた場合、留守の者たちも油断していることもあって、行儀も行き届いていないと、自然に小言も出ることになる。叱らなくてもすむのに叱るようにもなってくる。「教えさとさないで責め痛めるのは、人を傷つけるだけだ」という言葉もある。

武田信繁の名言|叱らなくて済むような配慮を


失敗に関してはあまり叱りませんが、道理の通らない行動はガツンと叱ります。たとえば、自分のミスを誤魔化したり、人のせいにしたりといった正義感のない行動ですね。怒鳴ることはしませんが、ストレートに言います。割とキツイ言い方をするかな。

前澤友作の名言|道理の通らない行動はガツンと叱る


叱ると怒るは違います。感情的になって怒鳴れば、部下は悲観的や反抗的になってしまいます。

白潟敏朗の名言|叱ると怒るは違うもの


半導体事業部の本部長になったときも、「悪い情報をまず一番にあげるようにと言い渡しました。当然叱ることもありますが、叱るときにも、まず褒めてから叱る。「二褒め、三叱り」を心がけています。

山西健一郎の名言|褒めてから叱る


若い人を叱るときは、極端な思考に走らないよう、その後のフォローが重要です。私たち精神科医も治療後に「あくまで私が注意したのは問題点であって、それはあなたに期待しているからなんですよ」と患者さんにフォローを入れたりします。

最上悠の名言・格言|若い人を叱るときのコツ


教えるという気持ちを持つということは、その人を伸ばすということであり、その人に対する愛情なんです。叱る側は、そうした気持ちを持たなければなりません。そして叱り終えれば、さっぱりと気分を変えることです。

北尾吉孝の名言・格言|叱る側は愛情を持って叱る


一方的に話すだけではなく、聞くところからコミュニケーションは始まります。ですから上司は、悪い報告を受けた途端に「なんだ、それは!」などと頭ごなしに怒らないことです。中間管理職がやってしまいがちなことですが、わざと大げさに叱ってみせて「厳しい上司ぶり」を上役にアピールする人がいます。それは絶対にやってはいけないことです。また、トラブルの報告を受けたからには、上司は覚悟を決めて、命がけで解決にあたらなくてはいけません。

江上剛の名言|部下を叱るときにやってはいけないこと


苦い薬は甘いものと一緒に与えるのが鉄則。営業姿勢のまずさを注意するなら、「去年より成績がよくなってるね。でも、先月はどうしたの?」といった具合です。

西山昭彦の名言|苦い薬は甘いものと一緒に与えるのが鉄則


叱るのが苦手という人は、叱る前に相手の良さを引きだそう。

テリー伊藤の名言|叱るのが苦手という人は、叱る前に相手の良さを引きだそう


失敗して萎縮し、伸びなくなる人がいる。だから救いのない怒り方をしてはいけない。

宮内義彦の名言|救いのない怒り方をしてはいけない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ