渋沢栄一の名言・格言|社会的意義を持てば楽しんで仕事にあたれる

このエントリーをはてなブックマークに追加

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。


渋沢栄一 の経歴

渋沢栄一、しぶさわ・えいいち。日本資本主義の父と称えられている幕末から昭和の実業家、武士。武蔵国(現:埼玉県)出身。藍玉と養蚕を家業とする半農半商の家庭に生まれ、幼少より商売と論語をはじめとする中国古典を学ぶ。横浜の外国人居住地焼き討ちなどを計画するも実行直前で説得され取りやめる。幕府に目を付けられ故郷を離れ京都に向かう。平岡円四郎の推挙により徳川慶喜の家臣となり、慶喜の弟昭武の付き人としてヨーロッパに留学。帰国後は、大蔵省に入省。度量衡、国立銀行条例などの制定に尽力。退官し、サッポロビール、王子製紙、日本郵船など数多くの企業設立に携わる。日本の株式制度設立に尽力。初の民間銀行第一銀行創設者。渋沢財閥設立者。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「会社というものは最初の3年ぐらいは赤字で、それから徐々に黒字になるのが当たり前だ」と思って経営するのと、創業のとき1年目から「企業として色々な社会のインフラとか人とか使うのだったら、それに対して赤字というのは恥ずかしいことだ、絶対利益を出すのがトップとしての仕事だ」と思ってやるのとでは、差が出るのは当然。

一気呵成に海外展開をするためには、現地トップを海外の優秀な人材にするべきです。グローバルな発想かつグローバルに情報を集めて展開させなければなりません。日本人がトップに立ち、海外で事業を進めようとしても、現地での人脈もなく、人材の不足に頭を悩ませることになります。また、風土や文化の違いも問題となります。人種的な偏見を持たず、トップを現地の人材にすることで、人脈が広がり、良い人材を獲得しやすくなります。

仕事で認められることが人生のすべてだとは僕も思わないし、遊ぶときは徹底して遊んだ方がいいですよ。

人々とともに生きるのは難しい。黙っていることが難しいからだ。

海外店舗でも日本と同じように、大戸屋の経営理念がスタッフに伝わるようにしています。アジアでもニューヨークでも朝礼をしますし、それによって従業員も判断基準が「お客様である」と言えるような良い意識に変わってきます。朝礼をきちんと行わない店は人も育たず、成長しません。これは、人の行動が意識によって変わる以上は当然のことです。

まずは米国がどうしてるかなんて考えずに、一番独創的なものをつくるために目線を高く置くべきです。世界のベンチマークになれれば、経済力以外でも日本は誇りを取り戻せるんじゃないですか。

僕も昔、気負いすぎていた時期があった。だから、いざ人と話すとなると緊張して手が震えました。そんなある日、なぜ自分は緊張してしまうのか冷静に考えてみたんです。そして、緊張するのは「実力以上の力を出そうとしていたから」と気づいた。いいところを見せたい一心で、緊張していたんですね。それに気づいてからは、気負いが消えました。そして、極力相手にしゃべってもらうよう心がけることにしました。

ページの先頭へ